この記事をシェアしよう!

現状Raspbianでの明朝体の表示

デバイスフォントで明朝体が指定されたサイトをRaspbianのブラウザで見ると、ゴシック体で表示されてしまいます。同じサイトをWindowsPCで見ると、明朝体で表示されていることが分かります。

( 下の画像は、同じサイトをRaspbianとWindowsで表示したものをキャプチャしたものです。)

Raspbianでの表示

Windowsでの表示

明朝体“Noto Serif CJK JP”のインストール

Raspbianには明朝体のフォントが入っていないので、Webページの明朝体を指定通りに表示できません。そこで、明朝体のフォントを追加でインストールするのですが、【STEP-11】のように「Add/Remove Software」からインストールすることができません。(将来的には、できるようになるはずですが)

LXTerminalを起動して、次のコマンドを入力し「Enter」キーを押します。

先ずは、ディレクトリ“downloads”に移動します

“Noto Serif CJK jp”のzipファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

解凍したフォントをディレクトリ“opentype”に移動します。

不要となったzipファイルを削除します。

フォントキャッシュを更新し、“Noto Serif CJK jp”を有効化します。これには、ちょっと時間が掛かります。

プロンプトが返ってきたら、再起動します。

ブラウザの表示フォントを設定

ブラウザの右上にあるメニューボタン「・・・」をクリックしてプルダウンメニューを開き、「設定」をクリックします。

「設定」の項目「デザイン」→「フォントをカスタマイズ」右の「▼」をクリックします。

開いた画面の1番下の項目「フォントの詳細設定」右の「□」をクリックします。

Chrome ウェブストアの「Advanced Font Settings」のページが表示されるので、右上の「+ CHROME に追加」ボタンをクリックします。

「Advanced Font Settings を追加しますか?」画面が現れるので、「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。

先程クリックした「+ CHROME に追加(青)」ボタンが「CHROME に追加済み(緑)」に変わるので、ブラウザのタブ「設定」をクリックします。

開いたタブ「設定」の1番下の項目「フォントの詳細設定」右の「□」をクリックします。

新しいタブ「Advanced Font Settings」が開くので、項目「Script」のプルダウンメニューから”Japanese”を選択します。その下にある例文が「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」に変わり、その時の設定で表示されます。

次に、項目「Proportional fonts」の「Standard」のプルダウンメニューから”Noto Sans CJK JP”を選択します。

項目「Proportional fonts」の「Serif」のプルダウンメニューから(さっきインストールした)”Noto Serif CJK JP”を選択します。

項目「Proportional fonts」の「Sans-Serif」のプルダウンメニューから”Noto Sans CJK JP”を選択します。

その下の項目「Fixed-width fonts」のプルダウンメニューから”Noto Sans Mono CJK JP”を選択します。

例文「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」が設定通りの表示に変わったのを確認して、「Apply settings」ボタンをクリックします。

最初に開いたデバイスフォントで明朝体が指定されたサイトを見ると、今度は、ちゃんと明朝体で表示されました。

今回のブラウザの表示フォント変更に続き、次の【STEP-14】ではRaspbianのシステムフォントの変更を行います。

この記事をシェアしよう!