About Us 

Fabshop

About Fabshop ― ファブショップのコンセプトについて―

Fabshop(ファブショップ)は、デジタルな装置を活用した「ものづくり」を提案する活動です。パソコンの普及や、工作機の低価格化により、小さな工房でも、自分のアイデアを形にすることが容易になってきました。特にコンピュータ、デジタルの世界はソフトウェアもフリーになってきたこともあり、だれでもプロフェッショナルな作品作りを容易にできるようになってきました。

一方で、学校教育などは実践的な事業が少なくなってきていると感じます。私たちファブショップでは、小さい子供から大人までが、様々なアイデアを形にしていくことをお手伝いしています。

Our Vision 私たちのビジョン―

手を動かし、知恵を集めて新しいものを生み出す力をつける。

手を動かし、知恵を集めて新しいものを生み出す力をつける。

 

Our Mission 私たちのミッション―

地域社会において、ものづくりを通じ、創造力や発想力を持った人材を育成する。

今、日本では高齢者社会であることや、少子化などが問題になっています。少子化を考えれば、学校の閉鎖や教育の低下なども懸念されています。高齢化社会を考えると、かさむ医療費は少子化社会に向かう子どもたちが支えきれないほどになってくるかもしれません。

私たちは、「ものづくり」を通じ、より多くのアイデアをもった人の育成は、必ずこれら社会の問題解決に繋がると信じています。

少子化であれば、その一人ひとりが言われた事だけをやるのではなく、自分の発想を持って社会に出て行くことで、社会に頼らず、自分で工夫を凝らして力強く生きて行く力が身に着くはずです。

高齢者であれば、より多くの人達が「工夫する」という事をものづくりを通じて学ぶことで、必要なものは自分で作り、常に考えを馳せ、脳の活性化や健康維持への考え方へ繋がると信じて言います。

これら全てに共通する事は「自分で考え、発想する」という事です。

私たちの「工房」が皆様の快適でよりよい生活形成に役立てるよう、スタッフ一同邁進しています。

Personal Fabrication パーソナルファブリケーションの時代へ

FabはFabricationの略で「ものづくり」という意味があります。これと「shop:工房」を組み合わせて、「ものづくりの工房」という意味も持っています。自分のアイデアを形にする個人でのものづくり、コモディティ化した社会の中で自分だけの作品を制作します。

Fabshop @Sayama

ファブショップは、埼玉県狭山市に実際の工房があります。3Dプリンタや、レーザーカッター、はんだ付け、オシロスコープ、コンピュータなど、様々な工具や測定器、デジタルツールがそろっています。皆さんのアイデアを形にできる、実際に工房に、ぜひお越しください。

>FabShop

FabShop

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。 Fabshopでは、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

CTR IMG