IMAGE

サイト内検索

FabShop Category

ラズベリーパイ
マイクロビット
アルデュイーノ
プログラミング
電子工作
ものづくり

新着情報

ChromiumOSはLinuxのディストリビューションの1つですが、Linuxのソフトウェアが使えるかというとそうではありません。どちらかと言えばクラウド上のアプリケーションを使うため、ローカルにソフトウェアをインストールして利用するという事がほとんどありません。そのためOS自体のスピードも速く、画面もシンプルでGoogleアカウントを使ったクラウドシステムを利用することに特化しているためGoogleが提供している高いセキュリティの上で作業していることになります。

Fabshop PATH setenv

Linuxやコンピュータの世界でいうパスとは、コマンドサーチパス(命令を検索する道筋)の略になり、ソフトウェアを新しくインストールしたり、コマンドを追加して機能を拡張したりした場合に、どこからでもそのソフトウェアやコマンドを起動できるようにするための道筋を作るという作業になります。

はつか大根は別名ラディッシュと呼ばれている野菜です。 品種にもよりますが、小さくて丸く鮮やかな赤い色をしています。 他にも長細いものや、紅白2色のものもあります。 サラダや漬物などに最適です。

カボチャは日当たりのよい場所でよく育つ野菜です。 水はけの悪い場所で育てると茎葉に疫病が発生しやすいので、畝を少し高くして水はけを良くして育てます。

大根の種まきは、春まきと秋まきがあります。 春まきは3月上旬から4月上旬、秋まきは8月下旬から9月中旬くらいにタネまきをします。

ジャガイモの植え付け時期は、春と秋に2回あります。 春は2月下旬から4月上旬、秋は8月下旬から9月中旬くらいです。 初心者の場合、種イモが手に入りやすいことや育生管理がしやすいので春植えが向いています。

2019年の年末ごろから中国の武漢を発端とする新型コロナウイルスが世界中に蔓延することになり、マスク不足などが起こりました。そのマスク不足の解消や、咳・くしゃみをした際の飛沫防止のために話題となったのが「フェイスシールド」です。フェイスガードと呼ぶ場合もあります。 あまりなじみがなかったフェイスシールドですが、今ではスーパーマーケットの店員や清掃スタッフなども日常的に付けている風景を見かけます。

家庭菜園用の耕運機の比較

家庭菜園を始めるにあたって Fabshopでは、様々なモノづくりを紹介していますが、新しく家庭菜園をテーマにした「Fabshop Garden(ファブショップガーデン)」を始めることになりました。 知識も経験もほぼゼロからのスタートなので道具も必要となり、色々と揃えていかなければいけません。 今回はまず最初の段階である「土作り」をするために、固い土地を耕すために「耕運機」を導入する事になりました。 […]

Fabshop Garden Raspberry Pi

私たちがモノづくりを行うのは、それが「必要だから」です。犬小屋を作るのも、縁台を作るのも、それが必要だから作ります。これはモノづくりの動機としてあたりまえのことで、実益も伴うものにもなります。Fabshopでは様々なものづくりを紹介していますが、新しく家庭菜園をテーマにした「ファブショップ・ガーデン」をスタートします。人間の生活の中で「食べる」とか「見て楽しむ」などはとても必要な事です。

カップ酒というと年配の方が飲むイメージがあります。今での根強い人気で、日本酒なだけにお墓や仏壇のお供え物としても良く利用されています。お線香を使うこれらの場所ではろうそくは必需品であるため、それらを掛け合わせた今回のクラフトは、お墓や仏壇にかなりなじみます。ジェルキャンドルの透明なものを利用すればまるで日本酒のようなキャンドルができ上がります。ショッピングモールなどで開催している「かわいい」キャンドルだけでなく、こういった「渋い」キャンドルもどうぞ。

>FabShop

FabShop

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。 Fabshopでは、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

CTR IMG