IMAGE

サイト内検索

FabShop Category

ラズベリーパイ
マイクロビット
アルデュイーノ
プログラミング
電子工作
ものづくり

新着情報

算数・数学Python Fabshop

ラズベリーパイを利用してのPythonの使い方、Pythonでの四則算の計算やコンピュータを利用て計算する利点などを解説しました。今回もPythonを使いながら算数や数学を学んできましょう。

RaspberryPiでArduino開発 Fabshop

Arduino(アルドュイーノ)はAVRマイコンを搭載し、入力・出力のポート(I/Oポート)を搭載したマイコンボードです。C言語に近いArduino言語でプログラムを作り、それをArduinoに書き込んで、I/Oポートに接続したセンサーやサーボ、モーターを動かすことで、私たちの生活に役立つ機器の開発をおこなったりします。

算数・数学Python Fabshop

「数学」と聞いただけで拒否反応を起こす人は沢山いるでしょう。算数や数学などは「むずかしい」というイメージがいつの間にかついてしまうものです。しかしながら、数学は知れば知るほどとても便利なものです。プログラミング教育などで良く言われる「論理的思考」とは「数学的思考」も含まれているため、プログラミングを行う際にも数学の知識があるのとないのでは大きく変わってきます。

Fiticx Fabshopトラブルシューティング

使い始めたばかりのラズベリーパイで日本語入力ができないで困ってしまう場合があります。ラズベリーパイで利用しているOSはRaspbian(ラズビアン)と呼ばれるもので、言語設定を日本語に設定しても日本語入力メソッドが元々インストールされていないため、最初は日本語入力ができません。 その場合、入力メソッド「Fcitx(ファイティクス)」をインストールする必要があります。

ChromiumOSはLinuxのディストリビューションの1つですが、Linuxのソフトウェアが使えるかというとそうではありません。どちらかと言えばクラウド上のアプリケーションを使うため、ローカルにソフトウェアをインストールして利用するという事がほとんどありません。そのためOS自体のスピードも速く、画面もシンプルでGoogleアカウントを使ったクラウドシステムを利用することに特化しているためGoogleが提供している高いセキュリティの上で作業していることになります。

Fabshop PATH setenv

Linuxやコンピュータの世界でいうパスとは、コマンドサーチパス(命令を検索する道筋)の略になり、ソフトウェアを新しくインストールしたり、コマンドを追加して機能を拡張したりした場合に、どこからでもそのソフトウェアやコマンドを起動できるようにするための道筋を作るという作業になります。

はつか大根は別名ラディッシュと呼ばれている野菜です。 品種にもよりますが、小さくて丸く鮮やかな赤い色をしています。 他にも長細いものや、紅白2色のものもあります。 サラダや漬物などに最適です。

カボチャは日当たりのよい場所でよく育つ野菜です。 水はけの悪い場所で育てると茎葉に疫病が発生しやすいので、畝を少し高くして水はけを良くして育てます。

大根の種まきは、春まきと秋まきがあります。 春まきは3月上旬から4月上旬、秋まきは8月下旬から9月中旬くらいにタネまきをします。

ジャガイモの植え付け時期は、春と秋に2回あります。 春は2月下旬から4月上旬、秋は8月下旬から9月中旬くらいです。 初心者の場合、種イモが手に入りやすいことや育生管理がしやすいので春植えが向いています。

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG