Raspberry PiをWindows代替PCとして使おう

Raspberry PiをWindows代替PCとしても使えるようにする設定方法などを掲載記事の中からピックアップし一覧にまとめました。

  • Raspberry PiをWindows代替PCに!

    2018年01月04日

    Raspberry Pi 3 Model B+の登場でCPUクロックが1.4GHzに向上したり、既定でUSB Boot Modeが有効で起動ディスクとして高速大容量のSSDが使えるようになったおかげで、パフォーマンスが大幅に向上しました。 そこで今回は、Raspberry PiをWindows代替PCとしても使えるようにする設定を、これまでの記事からまとめてみました。 +

  • 【STEP-08】Raspbian Stretch with Desktopの更新

    2018年02月23日

    Raspbian Stretch with Desktopを最新版にアップデートするための手順です。更新前にはシステムのバックアップを取ってから作業を行いましょう。 +

  • 【STEP-12】GoogleアカウントにログインしてPCとのブラウザ設定を共通化

    2018年03月07日

    Googleアカウントにログインして同期が完了すると、ブラウザの右上にアカウント名が小さく表示され、設定(メール、カレンダー、マップ、フォト、YouTube、テーマ、ブックマーク、アカウント管理、起動ページ等)が、普段PCで使っているものと同じになります。 +

  • 【STEP-13】明朝体フォント”Noto Serif CJK JP”の追加インストール

    2018年03月07日

    Raspbianには明朝体のフォントが入っていないので、Webページの明朝体を指定通りに表示できません。そこで今回は明朝体のフォントを追加でインストールする手順を紹介します。 +

  • 【STEP-20】Raspbianのデスクトップのカスタマイズ

    2018年03月19日

    前回のステップまでは、Windowsでいう「タスクバー」に当たるもの ( Raspbianでは「パネル」とか「Menu Bar」と呼ばれる ) のカスタマイズについて紹介してきましたが、今回は「タスクバー」を除いたデスクトップのカスタマイズを紹介します。 +

  • 【STEP-21】Raspbianのデスクトップにショートカット追加

    2018年03月19日

    今回は引き続き、Raspbianのデスクトップにショートカットを追加する方法を紹介します。 ショートカット作成ツールを使用して作業を進めていきます。 +

  • 【STEP-22】RaspbianとWindowsでUSBメモリーを共有し、相互にデータ交換

    2018年03月19日

    USBメモリーをRaspbianとWindowsで共有し、互いにデータ交換できるようにする方法を紹介します。 +

  • 【STEP-23】Raspbianで最新RaspbianのイメージをmicroSDカードに書き込み

    2018年03月23日

    「WindowsPCでRaspbianのイメージをダウンロードし、そのイメージをmicroSDカードに書き込む」作業をWindowsPCを使わずにRaspberry Pi(Raspbian)だけで行う方法を紹介します。 +

  • 【STEP-24】設定済RaspbianをSD Card CopierでmicroSDカードにバックアップ

    2018年03月29日

    SDカードには書き込み回数の上限や劣化による寿命があり、エラーが出て起動しなくなる可能性もあります。 しかも、目的別に最適化 ( カスタマイズ ) したmicroSDカードをインストールから設定し直すのはたいへんなので、設定情報も含めてバックアップをしておきましょう。 +

  • 【STEP-25】Raspbianのイメージを外部ストレージに圧縮/展開して随時リカバリー

    2018年04月06日

    外部ストレージにmicroSDカードのイメージを圧縮して保存したり、その圧縮ファイルを展開してmicroSDカードにコピーすることで、Raspbianのバックアップとリカバリーを随時に実行する方法を紹介します。 +

  • 【STEP-26】Program USB Boot Modeで、SSDからRaspbian起動

    2018年04月11日

    MicroSDカードよりも耐久性が高いUSB接続した外部ストレージからRaspbianを起動するための手順をまとめました。 +

  • 【STEP-27】swap領域を別デバイスに移動してSSD最適化

    2018年04月11日

    OS ( Raspbian ) は、microSDカードを起動ドライブとしていることから、メモリー不足時の一時退避先であるswap領域が既定で100MBしか設定されていません。 そこで、起動ドライブとは別のswap領域専用のデバイスをマウントしてパフォーマンスアップを図ります。 +

  • 【STEP-28】ChromiumのキャッシュもRAMDISKへのマウントで快適ブラウジング

    2018年04月11日

    Raspbianに既定で設定されているRAMDISKにブラウザ ( Chromium ) のキャッシュをマウントすることでパフォーマンスの向上を図ります。 +

  • 【STEP-29】Raspbianのログ出力を抑制してSSDを延命化

    2018年04月11日

    Raspbianのログの出力、更新頻度、バックアップを抑制することで、SSDのファイル書き換えを低減し、延命を図りたいと思います。 +

  • 【STEP-30】RaspbianでもDVDドライブをマウントしてデータをバックアップ

    2018年04月11日

    Raspberry PiでもWindowsPCのようにDVDドライブを接続してファイルの読み書きをすることができれば、データのバックアップやファイルの配布などに便利です。 最新のRaspbianなら、Linuxのように複雑なコマンド操作を駆使しなくても、これらのデバイスが比較的簡単に利用できます。 +

  • 【 第39回 】1番簡単なLED不要のLチカ

    2018年11月07日

    “LED不要のLチカ!”は、以前の記事「【 第27回 】Raspberry PiでもLED不要のLチカ!」でも紹介しましたが、もっと簡単にできる方法が分かりました。 +

  • 【STEP-36】Raspberry Pi 3 Model B+のCPUクロックを1.4GHzに固定

    2018年11月15日

    Raspberry Pi 3 Model B”+”のCPUクロックは1.4GHzとされていますが、実際のクロックは負荷と温度によって変化する設定になっています。この設定を1.4GHzに固定する方法が分かったので、紹介します。 +

  • 【STEP-37】exFATでフォーマットしたメディアを使えるようにする

    2018年11月15日

    Raspberry PiではWindowsで一般的なファイルシステム"exFAT"フォーマットされたUSBメモリーを開くことができませんが、これを可能にするドライバーが見つかったので紹介します。 +

  • 【STEP-38】SWAP領域拡大のすすめ

    2018年11月22日

    Raspberry Pi 3 Model B+の登場でCPUクロックが1.4GHzに向上し、Windows代替PCとしての可能性が高まりましたが、搭載メモリは1GBのままです。そこでランダムアクセスにも強い高速大容量の起動ディスク内のSWAP領域を拡大することでパフォーマンスの向上を図ります。 +

  • 【STEP-39】Raspberry PiでもZRAMでメモリー拡張!

    2018年11月26日

    前回の【STEP-38】では、起動ディスクとして高速大容量ストレージを用いることでSWAP領域を拡大し、Googleマップのストリートビューをどうにか表示させるまではできるようになりましたが、未だ遅すぎて使い物にはなりませんでした。今回は1GBしかないメモリーをAndroidでよく使われているZRAMを使って拡張し、更なるパフォーマンスアップを図ってみました。 +

  • 【 第2報 】配布バージョン”2018-11-13″ならDVD再生可、ブルーレイディスクもフルスクリーンで!

    2018年11月29日

    前回の【 速報 】で、しばらくメニューから消えていた”VLCメディアプレーヤー”が復活したことをお伝えしましたが、公式サイトの記事によれば、「VideoCoreハードウェアアクセラレーションに対応することで、H.264、MPEG-2、およびVC-1ビデオの再生が可能」とありました。これまで不可能とされたDVDの再生が本当にできるようになったのか検証してみました。 +

  • 【STEP-41】ラズパイ最強は、SSD×2枚挿し!!

    2018年12月03日

    以前の記事【STEP-38】では、「起動ディスクがこれだけランダムアクセスにも強く高速大容量になった今では、シンプルに起動ディスク内のSWAP領域を拡大するのもアリではないでしょうか?」と書きましたが、【STEP-27】では、「起動ドライブとは別のswap領域専用のデバイスをマウントすることで、パフォーマンスがアップする可能性があります。」とも書きました。幸い、手元に使ってないSSDがあったので、SSDの”2枚挿し”をやってみることにしました。 +

  • 【STEP-42】ブラウザEpiphanyのすすめ

    2018年12月04日

    最近のRaspbianでは既定のブラウザがChromiumになりましたが、高機能のせいか動作が重く、残念ながらアクセス不能となることがあります。そんなときは、以前のRaspbianで既定ブラウザだったEpiphanyを使うとアクセスできることがあります。 +

  • 【STEP-43】Googleマップのストリートビューも2Dモードなら動きも軽快で快適!

    2018年12月06日

    これまで、Raspberry Piのチューンアップを進めてきましたが、Google マップのストリートビューだけは未だ実用とは程遠いレベルです。今回、なんとか実用に耐えるレベルにならないか2Dモードというものを試してみました。 +

  • 【STEP-44】Raspberry PiのCDリッピングはやっぱりAsunder

    2018年12月06日

    音楽CDからの音声データのリッピングについては、以前の記事【STEP-31】でClementineを使うことを紹介しましたが、Clementineは高機能で音楽統合管理アプリとしては便利なのですが、CD情報の取り込みに関しては、実績のあるAsunderの方がヒット率が高く、やはり優れているようです。 +

  • 【STEP-45】Raspberry PiでもWiFiでプリンター接続 (EPSON編)

    2018年12月10日

    この頃の家庭用インクジェットプリンターは、WiFi(無線LAN)接続がデフォルトでUSBケーブルも付属していないことが多くなっています。今回は、Raspberry PiにプリンターをWiFiで接続して印刷する方法を紹介します。 +

  • 【STEP-46】Raspberry PiのスクリーンキャプチャはSpectacle

    2018年12月11日

    ラズパイで使える画面キャプチャアプリとしては、以前に“raspi2png”を紹介しましたが、今回はGUIで操作できる高機能アプリの”Spectacle”をインストールします。 +

  • 【STEP-47】Raspberry Piでの音楽CD作成はBrasero

    2018年12月12日

    このところ、ダウンロードした曲も含めて音楽ファイルをそのまま再生するのが主流ですが、CDに好みの曲順で書き込んでおきたいことも、まだあるのではないでしょうか?Raspbianでも使えるCD作成アプリBraseroがあるので、紹介します。 +

  • 【STEP-48】Raspberry Piの音楽再生はAudacious

    2018年12月13日

    前回の【STEP-47】では作成したCDの試聴用にVLC メディアプレイヤーを使いましたが、このようなCDとかダウンロードした音楽ファイルを再生するには、ブルーレイディスクさえ再生可能な高機能メディアプレイヤーより音声ファイル専用の軽いプレイヤーの方が適合しています。今回は、軽量とは言えハイレゾ再生も可能な音楽専用プレイヤーAudaciousを紹介します。 +

  • 【STEP-49】Raspberry Piに接続できるプリンター一覧

    2018年12月17日

    Raspberry PiをWindows代替PCとして使うには、プリンターの接続が欠かせませんが、メーカーから提供されるプリンタードライバーはWindowsやMacOS用がほとんどで、たとえUnix用のドライバーが公開されていても、x86向けのものばかりで、ARMのRaspberry Piで動くものは限られています。そこでメーカーではなく、有志によって提供されたプリンタードライバーのライブラリから適応するものを選択して接続する仕組みが【STEP-45】でインストールしたcupsに併せてインストールされたいくつかのライブラリです。古いプリンターや海外向けのプリンターが多く、最新機種で対応するものがあまりありませんが、現在、Raspberry Piに対応しているプリンターを下に一覧で表示しました。 +