パーソナルコンピューティングによるモノづくりの情報を提供するサイト、それがFabShopです。 Fab(ファブ)とはFablicationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。

▼当校のミッション

地域社会において、ものづくりを通じ、創造力や発想力を持った人材を育成する。

今、日本では高齢者社会であることや、少子化などが問題になっています。少子化を考えれば、学校の閉鎖や教育の低下なども懸念されています。高齢化社会を考えると、かさむ医療費は少子化社会に向かう子どもたちが支えきれないほどになってくるかもしれません。 私たちは、「ものづくり」を通じ、より多くのアイデアをもった人の育成は、必ずこれら社会の問題解決に繋がると信じています。 少子化であれば、その一人ひとりが言われた事だけをやるのではなく、自分の発想を持って社会に出て行くことで、社会に頼らず、自分で工夫を凝らして力強く生きて行く力が身に着くはずです。 高齢者であれば、より多くの人達が「工夫する」という事をものづくりを通じて学ぶことで、必要なものは自分で作り、常に考えを馳せ、脳の活性化や健康維持への考え方へ繋がると信じて言います。 これら全てに共通する事は「自分で考え、発想する」という事です。 私たちの「工房」が皆様の快適でよりよい生活形成に役立てるよう、スタッフ一同邁進しています。 FabShop店長