Posts From fabmaster

【CS02-03】第2章 第3話スマートフォン・タブレットコンピュータ

CS-2章 ハードウェアを理解しよう【CS02-03】第2章 第3話スマートフォン・タブレットコンピュータ 現在最も多く使われているコンピュータと言えば「スマートフォン」と「タブレットコンピュータ」と言えます。どちらも小

【CS02-02】第2章 第2話 コンピュータのデスクトップとラップトップ

CS-2章 ハードウェアを理解しよう【CS02-02】第2章 第2話 コンピュータのデスクトップとラップトップ ハードウェアの第2話はパーソナルコンピュータの種類「デスクトップ」と「ラップトップ」についてです。今やコンピ

ペッパーを超えるロボティクス「Misty(ミスティー)」でいよいよやってくるホームロボの時代

ペッパー君を超えるホームロボットの新しいプラットフォーム「ミスティ」 アメリカ、コロラド州にあるミスティ・ロボティクス社がリリースする新しいホームロボット「ミスティ」は新しいホームロボットのプラットフォームとして期待され

【CS02-01】第2章 第1話 ハードウェアとは?

第2章では「ハードウェア」に的を絞ってより具体的に話をすすめます。ハードウェアは電子部品などを基板の上に組み合わせて構成される電子回路などを搭載しています。

「ハード」とは「硬い」という意味がありますが、まさに手に取ることができる形あるものをいいます。

microbit(マイクロビット)でコントロールする信号機を作ろう!(プログラム編)

はんだ付けして完成した信号機をmicrobitでコントロール
「簡単な信号機回路ではんだ付けを体験(はんだ付け編)」では、microbitで使える赤、黄、青のLEDを使った信号機を作りました。このLEDの信号機は出来上がったものの、ただのランプで、しかも電源も通っていないためまだ何もおこりません。この信号機を自分の思うようにコントロールするためには、マイコンにプログラムを入れて動作の指示を与えます。

という事で、今回は制作した信号機に命を吹き込む作業、プログラミングを行います。

microbitやるならハードも作る!簡単な信号機回路ではんだ付けを体験!(はんだ付け編)

マイコン(microbit)を勉強するならハードも作れるようになろう!
プログラミングが小学校の必修授業に入ってくるようになりますが、そもそもプログラムとはハードウェア(実態があるもの)を動かすための「ソフトウェア」です。(このことをより詳しく知りたい場合はFabshopのコンピュータ・サイエンスをご覧ください。)

ソフトウェアを使ってハードウェアをコントロールするわけですから、ハードの知識も知らないといけません。

という事で、今回は最も簡単だと思われるLEDを光らせる回路を使って、「はんだ付け」を体験して基本的な電子回路を作ります。

micrbitを使って簡単プログラミング!リモートコントロールバギーを作る!

入門向けマイコンボードとして人気を集めているmicrobit(マイクロビット)。小さいながらにして、傾きセンサーや温度センサー、LED表示板を搭載し、makecodeというオンラインのサイトで簡単にプログラミングもできて初心者でも簡単にコントロールできることから、Fabshopでも沢山紹介しています。

このmicrobitには様々な応用キットが発売されていますが、今回はmicro:bitを扱っているkitronik社製「ライントレース&リモートコントロールバギー ver.2.0」の組み立てからテスト走行までをご紹介します。今後リモートコントロールや傾きセンサでのコントロールなどを紹介していきます。