学校の授業で活用するプログラミング

小学生には「プログラミング」という授業にしない事が重要!

コンピュータに命令を出してその指示通り動いてもらうための「プログラム」を組むことを「プログラミング」といいます。このことからも、あくまでコンピュータに指示を出すことを目的としているため、「プログラミングを勉強しよう!」なんて事にならないという事が重要です。

あくまで国語や算数、理科など、現在ある授業を助けるためにプログラミングするという意識が大切です。

ここでは、学校教育にどのように導入していくのか、実際の現場ではどのように使っていくのが良いかの情報提供を行います。学校の先生必見!