最新! Raspberry Pi セットアップ( 詳細手順 )

購入してから使えるまで

Raspberry Pi Model 3 Bを購入してから使えるようになるまでのセットアップを解説します。ネットワーク接続、日本語環境やWindowsとのデータ共有、カスタマイズ、作成した環境のバックアップなども合わせて紹介します。

  • ラズベリーパイ4をSSD化で高速起動

    2021年04月28日fabshopts

    ラズベリーパイをSSDで高速化させたい! ラズベリーパイは一般的にSDカードからOSを起動し、操作を行います。それでも十分ですが、読み書き速度、耐久性はよくありません。 ふと急に息を引き取るかもしれません(そこはSSDも同じですが、確率は下がると言われています)。 今回は高耐久で読み書き速度が速いSSD(Solid State Drive)をUSB接続してOSを起動できるようにしていきます。 比較的簡単な設定で導入できますので、試してみてください。 用意するもの Raspberry Pi 4 SSDをUSB3.0で接続したいのでラズベリーパイ4を使用します。 SDカード OSを書き込むために使います。 今回は32GBを使用します。 <注意> 今回はすでにOSのインストールが完了し、起動している状態からの作業になります。 SSD ADATAの2.5インチ 120GBを使用します。 リンク 内蔵用SSDを外付けUSBドライブとして使用するためのケース 玄人志向のGW2.5OR-U3を使用します。 リンク キーボード マウス HDMIコード 片方の先端がタイプDのものを使用してください。 A +

  • ラズベリーパイをM.2 SSDで高速起動化!

    2021年04月30日fabshopts

    Raspberry Pi 4BをM.2 SSDから高速起動します。専用のケースを導入したらHDMI端子も標準サイズに変換できるので便利です。 +

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG