コンピュータサイエンス・第1章

【CS01-06】第6話 オペレーティング・システム(OS)の役割

オペレーティング・システム(Operating System)、通称「OS(オー・エス)」はソフトウェアの1つですが、ハードウェアとソフトウェアをコントロールする、パソコンなど現代のコンピュータには欠かせない、コンピュータを動かすための基盤となるものです。OSには様々な種類があり、その用途によって使い方や操作方法もいろいろです。

【CS01-05】第5話 コンピュータはどのように処理を行うのか?

Fabshopの連載「コンピュータ・サイエンス」では、コンピュータの仕組みを基礎からご紹介しています。

本連載では、まずは広く浅く学び、徐々に1つ1つの事を掘り下げていきます。第1章では、広く浅くコンピュータの知識を紹介しているため、まだぼんやりしているところが沢山あると思います。深く掘り下げていくのは第2章からですので、もう少し広い知識を入れていきましょう。

【CS01-04】第4話 コンピュータのチップ ~半導体の知識~

第3話では、コンピュータの中身とハードウェアという事で、パソコンのマザーボードの話しを中心に、パソコン内部の部品の役割などを紹介しました。パソコンがどのような部品構成で成り立っているか全体的な話を広く浅くしたわけですが、今回はもっと具体的に1つ1つの役割を掘り下げてみたいと思います。

【CS01-03】第3話 コンピュータの中身とハードウェア

コンピュータ・サイエンスの授業第3話は、コンピュータの中身です。すでにパソコンを使っている方なら絶対に知っていてほしいコンピュータの構成です。これら部品を理解することでコンピュータがどのように構成されているか、どのような部品を使って、どんな役割を果たしているのかという事がわかります。

コンピュータが壊れたときなど、メーカーの人と電話していてもこのあたりの言葉が沢山でてきます。理解していないと何のことかさっぱりです。

【CS01-02】第2話 コンピューティングの歴史

コンピュータサイエンス第2回目は、コンピュータの歴史についてです。
殆どの人たちが「コンピュータ」と聞くとモニタがあって、キーボードがあって、マウスがある、いわゆるパソコンを思い浮かべるのではないでしょうか?
コンピューティングという言葉は「計算する」という意味です。つまり、このコンピュータは「計算するもの」という事になります。日本で言うと「そろばん」もコンピュータです。
私たち人類は紀元前からこの計算するもの、いわゆるコンピュータを使っていることになります。

【CS01-01】第1話 コンピュータサイエンスとは?

今の時代、コンピュータは至る所にあります。スマートフォンもコンピュータです。家電品もインターネットに接続されるようになったり、コンピュータは今、至る所に入っています。でも、私たちの生活の中ではあまり意識していません。コンピュータは、意識させないようにこっそりと働いています。
つまり、コンピュータを日常的に利用しています。
でも、自分がコンピュータを積極的に利用して何かを制作したり、または何かをするときの手助けとして使うには少しスキルが必要です。

【CS0-01】生活の中に溶け込んでいるコンピュータ

本格的にコンピュータサイエンスを学ぶ前に、まずは私たちの生活の中でコンピュータがどのようなところにあって、何に使われて、どんな状況になっているのかを見ていきましょう。ここではなるべく簡単な言葉で概要を説明していますが、いろいろな専門用語も出てくるかもしれません。これらは今後詳しく紹介していきますので、今回はさらっと読み進めていきましょう。