Breaking news
  • No posts where found

はじめよう!micro:bit(Windows編)

【第10回】micro:bit LEDスクリーンのx,y座標を使ってLEDを点滅させる

micro:bitのLEDスクリーンにx,y座標を使ってLEDが点滅するプログラムを作ります。点灯ブロック・消灯ブロックにx,y座標の数値を入力してLEDが点滅させることができます。細かい点灯・点滅の設定をすることができるので、オリジナルの作品を作ることができます。

【第9回】micro:bit外部接続用ピンの役割

micro:bitの金色の部分の「外部接続用ピン」について学びます。大きなピン5カ所と小さなピン20カ所があり、それぞれに電源の供給やデジタル信号の送信・検出、LEDの点灯・点滅などの役割があります。小さなピンを使うときはmicro:bit用のエッジコネクタを利用すると作業がやりやすくなります。

【第4回】micro:bit ボタンスイッチA・Bを使って文字表示させてみよう

今回はmicro:bitに搭載されているボタンスイッチの使い方を学びます。
動作と制御を理解するためにボタンスイッチAを押すと「A」、ボタンスイッチBを押すと「B」、ボタンスイッチA・Bを同時に押すと「A+B」とLEDに表示させるプログラムを作成します。