CATEGORY

Piコマンド

【 第39回 】1番簡単なLED不要のLチカ

“LED不要のLチカ!”は、以前の記事「【 第27回 】Raspberry PiでもLED不要のLチカ!」でも紹介しましたが、もっと簡単にできる方法が分かりました。

ラズベリーパイ用OS Raspbianのバージョンの調べ方と歴代バージョンについて

ラズベリーパイにはいろいろなバージョンがあります。現在主流になっているラズベリーパイはModel Bシリーズです。もともとこのカードサイズのModel Bが最初に発売され、その後正方形のModel Aが登場しましたがModel Aはその後バージョンアップされていません。主流のModelBは1、1+、2、2+、3、3+とそのバージョンを上げていっています。

【 第30回 】pigpioでもLED不要のLチカ!

GPIO制御ライブラリ”pigpio”を使った「LED不要のLチカ!」をVisual Studio Codeの画面内でデバッグ、実行、設定のリセットまでの全てを実行する詳細手順を紹介しています。

【 第27回 】Raspberry PiでもLED不要のLチカ!

Raspberry Pi 3 Model B(+)でも基板上のPWR(赤)とACT(緑)のLEDの内、ACT(led0)の入力をmmc0(ディスクアクセス)からGPIOに切替えられることが分かったので、VisualStudioCodeからGPIO制御ライブラリ"WiringPi"を使ってACT(緑)をLチカする手順を詳細に説明しています。

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG