CATEGORY

電子部品

電子部品解説 ブレットボード

ブレッドボードとは? ブレッドボードは、電子部品などをボード上の穴に差し込むだけで、簡単に電子回路が組める基盤です。 はんだ付けをすることなく部品同士を接続できるため、試作やテストなどで使われるものです。 メリット はんだ付けをしないで部品同士を接続可能 電子部品の交換や回路変更が簡単 電子部品が再利用できる 小電力、低周波回路を組むのに適している デメリット 大電流(500mA以上)や高周波回路 […]

電子部品解説 抵抗とは?

抵抗とは? 電子工作を行う上で、抵抗は必ずと言っていいほど使う部品になります。 簡単に説明すると抵抗は電子回路の中で電気を通りにくくする部品になります。 電気抵抗とは? 皆さんも中学二年生の理科で習ったと思います。 電気抵抗とは電気の流れにくさを数値で表したものになります。 単位はオーム(Ω)です。 この数値が大きければ大きいほど、電気が流れにくくなります。 100Ωの抵抗と200Ωの抵抗では、2 […]

電子部品解説 LEDとは?

LEDとは? LEDとはLight Emitting Diodeの頭文字をとったもので、発光ダイオードのことです。 今まで使われてきた白熱電球や蛍光灯などより、消費電力が少なく寿命が長いことからいろいろな電子機器や照明器具に使用されています。 LED(発光ダイオード)の概要 LED(発光ダイオード)は極性が決まっています。 足の長いほうが「アノード」と言って+側になります。 足の短いほうは「カソー […]

電子部品解説 トランジスタとは?

トランジスタとは? 世の中で使われている電子機器には絶対といっていいほどトランジスタが内蔵されています。 例えば私たちが持ってるスマートフォン、iPhone、パソコンなどには約30億個のトランジスタが使用されていると言われています。 そう思うとトランジスタのことを知らないなんて少しもったいない気がしますね。 ここでは簡単にトランジスタについて解説をしていきます。 トランジスタの役割 トランジスタの […]

電子工作 トランジスタ式導通センサを作ろう!

トランジスタを利用した電子回路 今回はトランジスタを利用した、金属導通センサを作っていきます。 この導通センサを使って身の回りにあるものに電気が通るものなのかを確認してみましょう。 用意するもの 番号 部品名 型番・容量など 個数 Tr1.Tr2 トランジスタ(NPN型) 2SC1815Y 2 LED LED 赤(5Φ) 1 R1 抵抗[黄紫赤金] 4.7kΩ(1/4W) 1 R2 抵抗[緑茶黒金 […]

技適未取得機器を用いた実験等の特例制度がスタート

総務省が2019年11月20日から「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」のWebサイトをオープンしました。 この特例制度に基づいて届け出を行えば日本国内でも技適マーク取得前であるために使用できなかった無線通信機器などを実験のために使用することができるようになります。

LCDとCdSセンサーを使用してLCDに明るさの数値を表示してみよう

明るさが強くなると抵抗が低下するCds(硫化カドミウム)セルの特性を利用して明るさを測定し、測定値を前回の「【初級~中級編】LCDと半固定抵抗器を使用して文字を表示してみよう」で使ったLCDに表示すると共に、暗さ(明るさ)に応じてLEDの明るさを制御するスケッチを作ってみました。

抵抗を学ぼう!

抵抗器は電気の流れを邪魔するものです。電気抵抗といい、電子回路では、電気の流れを調整したりするときに使うものです。また抵抗に電流が流れるとその量によって発熱します。利用する時は電力に注意しましょう。

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG