お知らせ

技適未取得機器を用いた実験等の特例制度がスタート

総務省が2019年11月20日から「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」のWebサイトをオープンしました。
この特例制度に基づいて届け出を行えば日本国内でも技適マーク取得前であるために使用できなかった無線通信機器などを実験のために使用することができるようになります。

リフロー機もいよいよ個人へ!日本人メーカーがモノづくりを加速させる!

米国を拠点とする日本人のメーカーがリリースした新しい時代のハンズフリー・スマートソルダリングマシーンともいうべき「REFLO AIR(リフロー・エア)」がクラウドファウンディングサイト「CROWDSUPPLY」にて見事ファウンディングに成功しました。

Raspberry Pi 4 が登場!様々なニーズにこたえ、USB Type-C や4K搭載!

いよいよ進化するラズベリーパイ。3B + が発売されてからおよそ1年。さらに進化を遂げたRaspberry Pi 4Bが早くもリリースされました。今度のラズベリーパイはニーズに合わせてRAM(メモリ)サイズも選べるようになっています。どのように進化したのか見ていきましょう!

スクラッチでのプログラミング教育をより効果的にする「Scratch コーディングカード」

日本の学校教育にもプログラミングを導入しようという中、若年層へのプログラミング教育を容易にするためにビジュアル言語と呼ばれるものがあります。プログラミングと言えばソースコードと呼ばれる英語に近いような文章をひたすら入力してプログラムを組み立てるのですが、アルファベットを習ったばかりの小学生にいきなり文法のようなものをましてや文字だけで作らせるのは非常に難しいものです。

Maker Faire Bay Area 2019 サンフランシスコ周辺で「ものづくり」の祭典

Maker Faireは世界中で行われている「ものづくり」の祭典です。日本でも東京と今年から京都でも開催されるようになり、大垣市ではMaker Faire miniが開催されるなど、徐々に日本でもその認知度を広げています。昨年、私たちFabshopもニューヨークのMakerFaireに出展しましたが、米国ではMaker Faire New Yorkとならんでサンフランシスコ郊外のサンマテオで行われるMaker Faire Bay Areaが二大Maker Faireとして知られています。

総重量85gの軽量ドローンはプログラミングも可能!DJIコントローラ採用の「Tello」

Tello(テロ)はRyze Tech社から発売されている軽量ミニドローンです。近年ドローンといえばあまり良いニュースが無く、航空法により規制されるようになってきましたが、このドローンであれば200グラム未満であるため航空法の規制対象外となるため、より自由に飛行することができます。