Tag "セットアップ"

【 続報 番外編 Part2 】”+”なしのRaspberry Pi 3でもSSDから起動してみた!

SSD起動の「“+”あり」が『USB2.0の理論的最大転送速度60MB/s ( 480Mbps )』に迫る59.9MB/sを叩き出したため、「“+”あり」とそれほど違いないデータだった「“+”なし」のRaspberry Pi 3 Model Bでも、高い転送速度が得られるのではないかという期待でベンチマークを行います。

【 続報 番外編 】”+”なしのRaspberry Pi 3を”A1″規格のmicroSDでUSBから起動してみた!

「アプリケーションパフォーマンスクラス:A1」のmicroSDカードをカードリーダーを介してUSBポートに接続するのがRaspberry Pi 3 Model B”+”の最速環境であることが分かりましたが、 “+”なしのModel BでもUSBポートから起動可能なので、この組み合わせでもベンチマークを実行しました。

【 続報 ④ 】Raspberry Pi 3 Model B+は同じmicroSDカードでカードスロットとUSBどっちが速い?

USBポートに、前回のマスターディスク(Raspbianインストール済)SanDisk Ultra microSDHC UHS-1 A1 32GBをmicroSDカードリーダーに差し込んだものを接続して、ベンチマークを実行してみることにしました。

【 続報 ③ 】Raspberry Pi 3 Model B+での各種ストレージ別ベンチマークを敢行! 第1弾

Raspberry Pi 3 Model “B+“ではmicroSDカード以外にUSBポートからも起動可能なので、どのストレージを起動ディスクとするかでアプリの実行速度が違います。
そこで、SDカードも含めた各種ストレージの中で、実際にどれが速いか調べてみることにしました。

English EN Japanese JA