この記事をシェアしよう!

Raspbian Stretch Lite with desktopの環境設定としての2回目は、使用しないBluetoothとWi-Fiの停止することで音楽再生の最適化を図りたいと思います。

BluetoothとWi-Fiを停止する

BluetoothとWi-Fiを停止する為、ファイルマネージャを起動して”/boot/config.txt”をnanoで開きます。

”config.txt”が開いたら、カーソルを最終行に送り改行します。

Bluetoothを停止する次の記述を入力し、改行します。

dtoverlay=pi3-disable-bt

WiFiを停止する次の記述を入力して、(「Ctrl」+「O」) → (「Enter」) → (「Ctrl」+「X」)キーの順で保存し、再起動します。

dtoverlay=pi3-disable-wifi
reboot

タスクバーのアプレットBluetoothを右クリックしても、”No  Bluetooth adapter found”とグレーアウトで表示が出るだけで接続することはできません。

タスクバーのアプレットWireless & Wired Networkを右クリックしても、”Click here to set Wi-Fi country”と表示が出るだけで接続することはできません。

この状態で、コマンドlsmodを使いロードされているカーネルモジュールを表示してみます。

lsmod

BluetoothとWi-Fi関連のカーネルモジュールが全てアンロードされているので、その分リソースが開放されていることが分かります。

この記事をシェアしよう!