Tag "Raspberry Pi"

【STEP-80】Raspbian Stretch Liteのデスクトップにシャットダウンと再起動のショートカットを作成

今回目指しているMPDサーバー/クライアント環境では、サーバー側Raspberry Piの運用中の操作は全てクライアント側Raspberry Piから行う訳ですが、その際の操作性を少しでもよくする為、サーバー側にもデスクトップに「シャットダウン」と「再起動」のショートカットを作っておくことにしました。

【STEP-79】Raspbian Stretch LiteにText Editorと日本語入力メソッドfcitx-mozcをインストール

いくら音楽再生専用サーバーと言えども、Text Editorは必要だし日本語入力も必要です。ところが”素”のRaspbian Stretch Liteにはどちらも入っていないので、インストールする方法を紹介します。日本語入力メソッドのfcitx-mozcもRaspbian標準のリポジトリに含まれるようになった為、普通にインストールできるようになりました。

【STEP-74】Raspbian Stretch LiteのZIPファイルを解凍しながら、直接、microSDカードに書き込む

使っていない「+なし」のRaspberry Pi 3Bを音楽再生に最適化したサーバーとして有効活用する為、【STEP-65】~【STEP-72】でMPDクライアントCantataについて調査してきましたが、今回はサーバー側のOSとして、より軽量なRaspbian Stretch Liteのインストールから始めてみたいと思います。

【STEP-73】Raspberry Piでも、写真編集の決定版は Fotor!

Raspberry Piでの写真編集というと、【STEP-51】で紹介したGoogle フォトや【STEP-64】で紹介したShowfotoなどがありますが、正直、使い易いとは言えませんでした。今回紹介する Fotorは、特に説明がなくても直観的な操作で様々な機能が使いこなせるインターフェースが優れています。スマホアプリとしても使われていますが、Raspberry Piで使うブラウザ版だとメールアドレスを登録するだけで、ベーシック機能なら課金されることもありません。

【STEP-72】MPDクライアントCantata【音楽CD作成編】

CantataのCustom Action設定を使って右クリックメニューにアプリを登録することで、Cantataだけでは不可能な機能を追加することができます。これによって、Cantataとタグ編集アプリEasyTAGの連携ができたので、【STEP-47】で紹介したCD/DVD書き込みアプリBraseroでも試してみたところ、そのままではうまく機能しませんでした。ところが、Rhythmboxという音楽アプリにプラグインとして組み込まれたBraseroなら使えることが分かったので紹介します。