CATEGORY

春から育てる

ホウレンソウを育てよう

ポパイでお馴染みの「ほうれん草」。ホウレンソウは品種も多いため、年中栽培ができますが、旬は11~1月の冬です。ホウレンソウは栄養価も非常に高くて優秀で、種まきから収穫まで1~2ヶ月と短い期間で収穫ができ、日当たりがあまり良くないベランダでもプランターで育てる事ができ、栽培難易度も低めなので家庭菜園初心者の方にもおススメの野菜です。今回は初心者でも育てやすい、ホウレンソウの育て方をご紹介します。

きゅうりを育てよう

露地栽培でもプランター栽培でも育てられる野菜です。 初心者の方は、ホームセンターなどで売っている苗を栽培したほうが簡単で確実に収穫ができます。 地這で育てると弦が地面に伸びて場所を取りますが、支柱とネットに弦を誘引させればプランターや少ないスペースの畑でも栽培は可能です。

ミニニンジンを育てよう

ニンジンの種類は大きく長根種と短根種に分けられます。 ニンジンは緑黄色野菜の代表で、栄養価が高く、カロテン、ビタミンB2やC、葉酸、食物繊維などが多く含まれます。カロテンには抗酸化作用があり、体内で一部はビタミンAに変わります。 ミニニンジンはサラダなどの生食用に向いています。

シソ(紫蘇)を育てよう

さわやかな香りで薬味などにも使われている「シソ(紫蘇)」ですが、薬味の他にもジュースにしたり様々な料理にも使われる人気の食材でもあります。一度成長すると、わさわさと葉を増やします。植えた覚えがないところに勝手に生えてきたり、特に面倒を見ていなくても生長していたりする事もあります。そんなシソなので初心者でも簡単に育てることが出来ます。しかし注意点もありますので、そんな事も含めてシソの育て方をご紹介します。

小玉スイカを育てよう

夏の果物として浮かぶものは何ですか?代表的なものとしてスイカがありますよね。みずみずしくて甘く、赤や黄色のカラフルで夏らしい果物…そんなスイカですが、スーパーで買わなくても十分甘くて美味しいスイカを自分で作ることが出来ます。この記事では大玉スイカよりも育てやすい「小玉スイカ」を栽培するうえでの準備や栽培方法、注意点などについてご紹介します。是非、一度ご自分で栽培してみてください。

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG