ミニニンジンを育てよう

ミニニンジンピッコロ
一般名 ミニニンジン
分類 セリ科ニンジン属
発芽する地温 15度~25度前後
生育温度 18度前後が適す

生育条件

日当たりのよい場所を選びましょう。

土壌酸度は中酸性から中性

栽培のポイント

冷涼な気候を好みますが、幼苗時は高温にも比較的強いので、家庭菜園では夏まきで秋~冬に収穫する栽培が最も適しています。
ニンジンのタネは吸水力が弱く、タネまき後に土が乾くと極端に発芽が悪くなるので、発芽まで乾燥させないように。土が酸性ほど生育が遅れるのでしっかりと苦土石灰をまきます。

ミニニンジンの種まきの時期は、3月下旬から4月下旬くらいまでと、7月下旬から9月下旬くらいまでの2回あります。

ニンジンの種類は大きく長根種と短根種に分けられます。
ニンジンは緑黄色野菜の代表で、栄養価が高く、カロテン、ビタミンB2やC、葉酸、食物繊維などが多く含まれます。カロテンには抗酸化作用があり、体内で一部はビタミンAに変わります。
ミニニンジンはサラダなどの生食用に向いています。

栽培環境の準備

ミニニンジンを育てる区画の土づくりをします。

1.

畑はタネまきの2週間くらい前に鍬などを使ってよく耕しておきます。

1㎡あたり苦土石灰100g・化成肥料140g・たい肥800gをよく混ぜて土となじませておきます。

2.

畝を作ります。

幅1m、高さ15㎝くらいに鍬などを使って土を盛ります。

表面は平らにならしておきます。

タネをまこう

1.

タネを袋から出してみました。

茶色くて長細いタネがたくさん入っています。

2.

準備しておいた区画にタネをまきます。

1mの幅に25㎝間隔、深さ5mmくらいの3本のタネまき用のすじを付けます。

3.

タネまき用のスジに、タネが重ならないようにすじまきにします。

発芽後に間引きをするので、タネとタネの間隔は気にしません。

4.

タネに土を被せます。

タネまき用のスジの両側から指で土をつまむように土を被せます。

タネと土が密着するように、手のひらで軽く押えます。

注意!
ニンジンは好光性種子と言って、発芽をするときに光を必要とするタネです。
あまりたくさん土をかぶせてしまうと、発芽しにくくなるので注意しましょう。

5.

水やりをします。

土を薄く被せているので、タネが流れないようにじょうろでやさしく、たっぷり水やりをします。

発芽するまでは、タネが乾かないように水やりをします。

普段のお手入れは?

間引きを2回と、追肥を1回します。

タネまきから約10日で発芽しました。

スジまきにしましたが、間隔をあけて密集して発芽しました。

この時点ではまだ発芽したばかりで株が弱いので間引きはしません。

他の野菜のお手入れをしていたら、誤って発芽したミニニンジンを踏んでしまいました!

無理に土を修復しないほうが育ってくれそうなので、このままにしておきます。

間引きをします。

1回目

本葉が2枚から3枚になったころに、密集しているところを2㎝から3㎝の間隔になるように間引きをします。

2回目

本葉が10枚くらいになったら株間10㎝くらいに間引きます。

追肥をします。

追肥は2回目の間引きの時に、1株につき3gから5gくらい化成肥料を施します。

追肥をした後は、周りの土をミニ熊手のようなもので軽くほぐしておきます。

除草をします。

ニンジンが雑草に負けないように、こまめに草を抜きます。

ニンジンを傷つけないように注意しながら、出来るだけ根っこから抜くようにしましょう。

病虫害、ここに注意!

生育の初期の段階では、立枯病やネキリムシ、ヨトウムシなどの害虫による食害に注意します。

育生の中期以降からは、葉が白くなってしまううどん粉病やアブラムシやキアゲハの幼虫に注意します。見つけたら駆除します。

収穫しよう!

ミニニンジンは直径が手の親指くらいの太さになったら収穫時期です。

長さはおよそ10㎝くらいが収穫するにはいいサイズです。

ミニニンジンの収穫は、葉の根元あたりをもって引き抜きます。

ミニニンジンが引き抜きにくい場合は、周りの土をスコップで少し掘ってから引き抜いてみましょう。

無理に引き抜いてしまうと途中で折れてしまいます。

収穫をしていると、たまに変な形をしたミニニンジンを収穫することが出来ます。

これはニンジンが成長するときに、土の中に石などの障害物があるとそれを避けて成長するので変形したミニニンジンが出来てしまいます。

これを防ぐには種まきをする前に行う土を耕すときに、できるだけ石などの異物を取り除くこが必要です。

収穫時期が遅れてしまうと、根が大きくなりすぎてしまって割れてしまうことがあります。

今回の収穫では、収穫時期を大幅に遅れてしまいましたが見た目では割れてしまっているものはありませんでした。

収穫したミニニンジンのサイズは20㎝くらいと大きめのサイズになってしまいました。

サイズは大きいですが、問題なく食べることはできます。

ミニニンジン収穫
最新情報をチェックしよう!

品種別栽培方法の最新記事8件

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG