CATEGORY

RaspPiアプリ

ラズベリーパイで使うエディタ Linuxの必需品

ラズベリーパイでよく使う「エディタ」について 「エディタ:Editor」はコンピュータを使う上で必需品です。その名の通り「編集する」ためのソフトウェアになります。文字を入力しますので、テキストエディタともいわれます。Linuxを操作する場合には絶対に必要になるもので、LinuxベースのOSを使うラズベリーパイでも必需品ということになります。 主にLinux上で設定ファイルを書き換えたり、プログラム […]

ラズベリーパイ+Retro Pieでゲーム機を作ろう!

懐かしのあのゲームが楽しめる!Retro Pie(レトロ・パイ)! ラズベリーパイには様々なOSがインストール可能です。中でも「Retro Pie(レトロ・パイ)」というゲームに特化したOSは、エミュレータという仮想環境を使って、懐かしのファミコンやセガサターン、PCエンジン、プレイステーション、ゲームボーイアドバンスなど、誰でも一度は遊んだことのあるゲーム機から、MSX、PC9800などのコンピ […]

ラズパイでアドベンチャーゲームの名作「Beneath a Steel Sky」を楽しむ

イギリスのレボリューションソフトウェア社が1994年にリリースしたアドベンチャーゲームの名作「Beneath a Steel Sky」は、主人公のロバート・フォスターを操作して物語が進むゲームです。 スマートフォンアプリのゲームとしても移植されていましたが、ラズベリーパイでも動作します。

RaspbianでもSwift 5.0が利用可能に!

SwiftはApple社が開発したプログラミング言語で、主にiPhonやiPad、Macなどのアプリ開発に使われていますが、直接、デバイスを制御することが可能で、Raspberry PiのGPIOを使ってモーターなどをコントロールすることもできるそうです。

Visual Studio Codeのver.1.32は、Raspbianでは未だ使えません!

設定により、Raspbianのアップグレードに伴ってcode-oss(Visual Studio Code)もver.1.32にアップグレードされることがあります。その場合、Visual Studio Codeの画面がメニューバー以外、何も表示されなくなってしまいます。このバグは他のプラットフォームでも発生していて暫定対策がありますが、残念ながらRaspbianには適応されません。RaspbianのVisual Studio Codeは、修正バージョンがリリースされるまでver.1.29のままで運用してください。

ラズベリーパイにアプリをインストールしても、スタートメニューに表示されない場合は

スタートメニューから「設定」→「Add / Remove Software」でアプリをインストールしたのに、そのアプリがスタートメニューのどこにも表示されていない為、起動できなくて困ったことがないでしょうか?そのようなときでもアプリを起動する方法と、スタートメニューに登録する方法を紹介します。

スペースオペラOoliteをプレイするにはOpenGLが必須です!

オープンワールドゲームOoliteの公式サイトに「最新のハードウェアを必要としないように設計されており、基本性能のために1GHzプロセッサ、1GBのRAM、およびOpen GL対応のグラフィックスカードのみを必要とします(より高い仕様が推奨されます)。」とあり、Raspberry Pi 3 Bのスペックは辛うじてこれを満足します。本稿は、Open GL有効化の手順からインストール、拡張パッケージ、基本操作までの紹介になります。

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG