CATEGORY

夏から育てる

カリフラワーをそだてよう

お米の代わりに食べるダイエット食材として注目されているカリフラワー。意外にも生で食べることが出来て、カリッとした食感を楽しむことが出来ます。カリフラワーは白だけでなく、オレンジや紫などの色もあり、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。

ブロッコリーを育てよう

食卓の色どりを良くしてくれるブロッコリーですが、最近では長細い茎が特徴のスティックブロッコリーも人気があります。鉄分、カロテン、葉酸などの栄養も豊富で、野菜の中でもトップクラスのビタミンCを含んでいます。

ミニニンジンを育てよう

ニンジンの種類は大きく長根種と短根種に分けられます。 ニンジンは緑黄色野菜の代表で、栄養価が高く、カロテン、ビタミンB2やC、葉酸、食物繊維などが多く含まれます。カロテンには抗酸化作用があり、体内で一部はビタミンAに変わります。 ミニニンジンはサラダなどの生食用に向いています。

小玉スイカを育てよう

夏の果物として浮かぶものは何ですか?代表的なものとしてスイカがありますよね。みずみずしくて甘く、赤や黄色のカラフルで夏らしい果物…そんなスイカですが、スーパーで買わなくても十分甘くて美味しいスイカを自分で作ることが出来ます。この記事では大玉スイカよりも育てやすい「小玉スイカ」を栽培するうえでの準備や栽培方法、注意点などについてご紹介します。是非、一度ご自分で栽培してみてください。

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG