SEARCH

「フォーマット」の検索結果36件

ラズパイにChromeOSをインストールしてGoogleを活用しよう!

ChromiumOSはLinuxのディストリビューションの1つですが、Linuxのソフトウェアが使えるかというとそうではありません。どちらかと言えばクラウド上のアプリケーションを使うため、ローカルにソフトウェアをインストールして利用するという事がほとんどありません。そのためOS自体のスピードも速く、画面もシンプルでGoogleアカウントを使ったクラウドシステムを利用することに特化しているためGoogleが提供している高いセキュリティの上で作業していることになります。

RaspberryPi4B 4GBにNOOBS3.2.1でRaspbianをインストール

いよいよ日本でも技適が通過し待望のRaspberry Pi 4B 4GBが入手可能になりました。スペックは格段に拡張され、HDMIポートが2個標準でついているため、デュアルモニタがそのまま行けるという素晴らしさ! いよいよデスクトップパソコンの代わりにRaspberry Pi4B 4GBを使えば十分という状況がやってきたのではないでしょうか!

はじめてみよう!NVIDIA Jetson nano まずは知識と最初の起動!

Jetson nanoは、Raspberry Piなどと同様にmicroUSBにLinux系OSをインストールして起動し、様々な周辺機器などと接続もできる開発用ボードです。パソコンのようにOS上でアプリケーションを動かすことができ、自分で書いたコードを実行させてプログラミングの学習をしたり、人工知能(AI)の研究に利用したりと様々な用途に利用できます。Raspberry PiはCPUでプログラムを実行させていますが、Jetson nanoはCPUだけでなく、NVIDIA社のGPU(Graphics Processing Unit)を搭載して人工知能(AI)で利用される繰り返しの処理などを高速化している開発キットです。

Raspberry PiにKali Linuxをインストールする。

ポートスキャン、Web脆弱性診断、パスワード・クラッキング、コンピュータフォレンジック、リバースエンジニアリングなどの数百のツールによるセキュリティ監査を目的としたDebianベースのLinuxディストリビューションKali LinuxもRaspberry Piにインストールすることができるので、その手順を詳細に紹介します。

【STEP-99】音楽保存ストレージのマウント方法をファイルシステムテーブルから/etc/rc.localに変更する

以前【STEP-88】で音楽保存ストレージを一旦、MPDサーバーにマウントした後、【STEP-90】でMPDクライアントにマウントしたらMPDサーバーが起動しなくなってしまいました。ファイルシステムテーブル(/etc/fstab)にデバイスのマウントを書き込むと、そのデバイスがマウントできないとOSそのものも起動できなくなってしまうそうです。デバイスはUUIDで識別されるので、HDDなどをフォーマットしてUUIDが変わると同じHDDを接続していても起動不能になります。その後、【STEP-92】で/etc/rc.localに共有フォルダをMPDサーバーにマウントする命令を書き込みましたが、こちらはマウントできない状況でもOSは起動します。今回はMPDクライアントに接続した音楽保存ストレージをMPDサーバーと同じ/etc/rc.localでの自動マウントに切り替えます。

【STEP-86】MPDサーバーの音声出力はUSBDACから

音楽再生に最適化したサーバーを目指すなら音声出力は当然、I2S接続のDACを使いたいところですが、先ずは試験運用ということで今回はお手軽なUSB接続のパワーアンプ内蔵DAC+パッシブスピーカーという構成にしてみました。

【STEP-74】MPDサーバーのOSはRaspbian Stretch Lite

使っていない「+なし」のRaspberry Pi 3Bを音楽再生に最適化したサーバーとして有効活用する為、【STEP-65】~【STEP-72】でMPDクライアントCantataについて調査してきましたが、今回はサーバー側のOSとして、より軽量なRaspbian Stretch Liteのインストールから始めてみたいと思います。

【STEP-72】MPDクライアントCantata【音楽CD作成編】

CantataのCustom Action設定を使って右クリックメニューにアプリを登録することで、Cantataだけでは不可能な機能を追加することができます。これによって、Cantataとタグ編集アプリEasyTAGの連携ができたので、【STEP-47】で紹介したCD/DVD書き込みアプリBraseroでも試してみたところ、そのままではうまく機能しませんでした。ところが、Rhythmboxという音楽アプリにプラグインとして組み込まれたBraseroなら使えることが分かったので紹介します。

Pythonのウェブ開発で使えるライブラリ集

Pythonはウェブアプリケーションの開発にもよく使われています。Googleも推奨しているPythonですから、インターネット上で利用できるライブラリも沢山用意されています。 中でもDjango、Flaskなどは利用者も非常に多いライブラリです。GoogleのクラウドサービスであるGoogle App EngineやCloud Platformなどとも親和性も高く、高度なウェブアプリケーション開発に向いています。

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG