CATEGORY

ラズパイ活用

ラズベリーパイ4をSSD化で高速起動

ラズベリーパイをSSDで高速化させたい! ラズベリーパイは一般的にSDカードからOSを起動し、操作を行います。それでも十分ですが、読み書き速度、耐久性はよくありません。 ふと急に息を引き取るかもしれません(そこはSSDも同じですが、確率は下がると言われています)。 今回は高耐久で読み書き速度が速いSSD(Solid State Drive)をUSB接続してOSを起動できるようにしていきます。 比較 […]

ラズベリーパイで使うエディタ Linuxの必需品

ラズベリーパイでよく使う「エディタ」について 「エディタ:Editor」はコンピュータを使う上で必需品です。その名の通り「編集する」ためのソフトウェアになります。文字を入力しますので、テキストエディタともいわれます。Linuxを操作する場合には絶対に必要になるもので、LinuxベースのOSを使うラズベリーパイでも必需品ということになります。 主にLinux上で設定ファイルを書き換えたり、プログラム […]

ラズベリーパイ+Retro Pieでゲーム機を作ろう!

懐かしのあのゲームが楽しめる!Retro Pie(レトロ・パイ)! ラズベリーパイには様々なOSがインストール可能です。中でも「Retro Pie(レトロ・パイ)」というゲームに特化したOSは、エミュレータという仮想環境を使って、懐かしのファミコンやセガサターン、PCエンジン、プレイステーション、ゲームボーイアドバンスなど、誰でも一度は遊んだことのあるゲーム機から、MSX、PC9800などのコンピ […]

ラズパイにChromeOSをインストールしてGoogleを活用しよう!

ChromiumOSはLinuxのディストリビューションの1つですが、Linuxのソフトウェアが使えるかというとそうではありません。どちらかと言えばクラウド上のアプリケーションを使うため、ローカルにソフトウェアをインストールして利用するという事がほとんどありません。そのためOS自体のスピードも速く、画面もシンプルでGoogleアカウントを使ったクラウドシステムを利用することに特化しているためGoogleが提供している高いセキュリティの上で作業していることになります。

技適未取得機器を用いた実験等の特例制度がスタート

総務省が2019年11月20日から「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」のWebサイトをオープンしました。 この特例制度に基づいて届け出を行えば日本国内でも技適マーク取得前であるために使用できなかった無線通信機器などを実験のために使用することができるようになります。

Pythonでmicro:bitを動かそう!( mu編 )

Raspberry PiでもウェブアプリのJavaScript Blocks Editorを使ってmicro:bitを操作できますが、Pythonでプログラミングするにはエディターの”mu“を使うことが推奨されています。

>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG