RaspPiアプリ

RaspbianでもSwift 5.0が利用可能に!

SwiftはApple社が開発したプログラミング言語で、主にiPhonやiPad、Macなどのアプリ開発に使われていますが、直接、デバイスを制御することが可能で、Raspberry PiのGPIOを使ってモーターなどをコントロールすることもできるそうです。

Visual Studio Codeのver.1.32は、Raspbianでは未だ使えません!

設定により、Raspbianのアップグレードに伴ってcode-oss(Visual Studio Code)もver.1.32にアップグレードされることがあります。その場合、Visual Studio Codeの画面がメニューバー以外、何も表示されなくなってしまいます。このバグは他のプラットフォームでも発生していて暫定対策がありますが、残念ながらRaspbianには適応されません。RaspbianのVisual Studio Codeは、修正バージョンがリリースされるまでver.1.29のままで運用してください。

【STEP-105】画面キャプチャアプリShutterは、超強力な情報収集ツールだった!

画面キャプチャアプリのShutterは、大量のスクリーンショットを高速にオンラインストレージへ自動保存することが可能で、使い方によっては強力な情報収集ツールともなり得ます。尚、WindowsにもあるShutterとは全く別のものです。

ラズベリーパイにアプリをインストールしても、スタートメニューに表示されない場合は

スタートメニューから「設定」→「Add / Remove Software」でアプリをインストールしたのに、そのアプリがスタートメニューのどこにも表示されていない為、起動できなくて困ったことがないでしょうか?そのようなときでもアプリを起動する方法と、スタートメニューに登録する方法を紹介します。

スペースオペラOoliteをプレイするにはOpenGLが必須です!

オープンワールドゲームOoliteの公式サイトに「最新のハードウェアを必要としないように設計されており、基本性能のために1GHzプロセッサ、1GBのRAM、およびOpen GL対応のグラフィックスカードのみを必要とします(より高い仕様が推奨されます)。」とあり、Raspberry Pi 3 Bのスペックは辛うじてこれを満足します。本稿は、Open GL有効化の手順からインストール、拡張パッケージ、基本操作までの紹介になります。

【STEP-103】Kaliは対話型2Dユークリッド対照パターンエディタだった!

昨日、Raspberry PiにKali Linuxをインストールした後で、Raspbianの「Add / Remove Software」で”kali”を検索したところ、見事ヒットしたのでインストールしてみました。実行して分かりましたがKali Linuxとは全く別のパターンエディタというものでした。