この記事をシェアしよう!




ここでは、LEDのフェードアウトのスケッチを書いていきます。
クリスマスツリーのライトのように明るいから暗くなるようにしてみましょう。

<用意するもの>

  • Arduino (互換機でも可)
  • LED (何色でも可)
  • 抵抗270Ω (何Ωでも可)

では、まず回路を組み立てみましょう。
LEDを接続するときには、極性に気を付けてください。
長いピンがプラスで、下記の図の向かって右側に、短いピンがマイナスで左側になります。
今回は、抵抗は270Ωのものを使用しています。

次にArduinoボードに接続します。
抵抗のLED側と反対の列とArduinoのデジタルIOピンのGNDと接続します。
LEDの足と同じ列とArduinoのデジタルIOピンの9を接続します。
全部つながると下記のようになります。

では、スケッチを書いていきましょう。
Aruduino IDEを立ち上げます。
新たにスケッチを書くときには必ず「ファイル」メニューから「新規ファイル」を選んでください。

次のコードを打ち込んでいきます。

[code]

// Example 04 : LEDのフェードインとフェードアウト
//(スリープ状態のように)

const int LED = 9 ; // LEDが接続されているピン
int i = 0 ; //カウントアップとダウンに使用

void setup ( ) {
pinMode(LED , OUTPUT) ; // LEDのピンの出力に設定
}

void loop ( ) {
for ( i – 0 ; i < 255 ; i++) { //0から254までループ(フェードイン) analogWrite(LED, i) ; //10ミリ秒停止 analogWrite()は一瞬           } for ( i = 255 ; i > 0 ; i–) {//255から1まで(フェードアウト)
analogWrite(LED, i) ;
delay(10) ;
}
}

[/code]

入力が終わると下記の画面になります。

入力が終わりましたら、誤りがないか確認をし、✔ボタン(検証)をクリックしてください。
無事にコンバイルが完了しましたと表示されましたら、アップロードしていきます。
✔ボタン(検証)の横にあり→ボタン(マイコンボードに書き込む)をクリックします。

ArduinoボードがUSB経由で送られてくる命令を受けとり、メモリに記憶されると動作します。

今回使った商品やキット

動作確認

この記事をシェアしよう!