この記事をシェアしよう!

サーボモーター界隈を覗いていたら、”サーボテスター”なるものに目が止まりました。元々、ラジコンなどに使用するサーボモーターの動作を確認するためのものらしいのですが、価格もお手頃だったので、ポチってしまいました。

今回使った部品

  • サーボテスター × 1
  • ブレットボード × 1
  • サーボモーター sg-90 × 1
  • 電源アダプター5V 2.5A × 1
  • microUSB用変換基板 × 1
  • ジャンプワイヤー(オス/メス) × 2
[product id=”11072″]
サンハヤト USB用変換基板 CK-37
サンハヤト
売り上げランキング: 36,117

実体配線図

サーボモーターSG-90のコネクター(3端子)の黄色がサーボテスターのOUT(S)に接続する向きで結線します。microUSB用変換基板の出力とサーボテスターはジャンプワイヤーの(オス/メス)で結線します。

・サーボモーター(3端子) → サーボテスター(OUT)

・microUSB用変換基板(GND) → サーボテスター(IN-)

・microUSB用変換基板(VCC) → サーボテスター(IN+)

サーボテスターを接続したときの動きを確認する

サーボテスター天面の左下に動作モードの切り替えスイッチがあり、押す毎に「Man」→「Netutral」→「Auto」と動作モードが切り替わります。「Auto」は自動でフルスイングを繰り返し、「Man」ではつまみを回すことで停止位置が変わり、「Netutral」はフルスイングの中央で停止するようです。フルスイングの回転角は100°ありました。

この記事をシェアしよう!