【STEP-33】WiringPiのgpioコマンドならハードウェア情報と製造元が同時に表示されます

以前の記事「【 第26回 】Pythonでもサーボモーターをフルスイング!( WiringPi 編 )」で使ったGPIOライブラリのWiringPiには、ライブラリ自体のバージョン情報に併せてハードウェア情報も表示するGPIOコマンド”gpio -v”があります。

“gpio-v”コマンドでハードウェア情報と製造元を確認

GPIOライブラリのWiringPi自体はRaspbianにプリインストールされているので、ターミナルでGPIOコマンドを実行するだけならラッパーのインストールは不要です。

ターミナルでコマンド「gpio -v」を打ち込むと、WiringPiのバージョン情報に続けてハードウェア情報も表示されます。”Raspberry Pi Details:”として”Type:”が”Pi 3+”、”Revision:03“がちょっと分かりませんが、”Memory:1024MB″の後に”Maker(製造者):”として”Sony”が表示されています。

gpio -v

Raspberry Piのリビジョン一覧はこちらのサイトにもありました。

最新情報をチェックしよう!
>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG