マルチバイブレータでLEDを点滅させよう

今回は、Pythonは使わず、ラズパイのGPIOから3.3Vの電源のみを使ってLEDを点滅させてみます。


< 必要なツール >

  •  ブレットボードキット
    • ブレットボード
    • ジャンパー線(オスーメス)
    • ジャンパー線(オスーオス)

< 必要な部品 >

  • LED(赤・緑)×各1
  • NPNトランジスタ(S9014) ×2
  • 電解コンデンサ 25V 22μF ×2
  • 抵抗 100Ω×2
  • 抵抗 33kΩ×2

 


< 回路図 >

非安定マルチバイブレータという回路により、2つのLEDを交互に点滅させます。


< 実体配線図 >

 ← 【注意】ここで用いたトランジスタ:S9014のピン配列は通常のものとは異なり、左図の通りです。


動作例

今回使用した部品はこちらから購入できます。

[products columns=”4″ orderby=”title” order=”” ids=”11197, 11198, 11208, 11210, 11951, 11064″]

[ad#g300]

[ad#g300]

最新情報をチェックしよう!
>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG