ラズパイでも Inkscape の最新版 ver.0.92 をインストール!

定番の高機能ドローソフトInkscapeの最新版は ver.0.92ですが、今のところ、Raspbianでapt-getできるのは ver.o.48です。

ところが、RaspbianのベースとなるDebianには、安定版のリポジトリとは別に”backports“という一歩先を行くリポジトリがあって、こちらをapt-getのsourceとして指定すれば、Inkscape ver.0.92 がインストール可能になります。

Debian backportsをapt-getのsourceとして指定するには、Raspbianの”sources.list”を編集します。

LXTerminalを起動し、エディタ”nano”で”sources.list”を開きます。

sudo nano /etc/apt/sources.list

開いた”sources.list”に次のリポジトリを追記して、保存(Ctrl+O → Enter)し、閉じ(Ctrl+X)ます。

deb http://ftp.debian.org/debian jessie-backports main

リポジトリを追加したら、”update”でパッケージのリストを更新しておきます。

sudo apt update

追加したリポジトリ(ftp.debian.org/debian jessie-backports main)から、6項目のパッケージがリストアップされました。

最後の方では、何やら「GPGエラー」として「公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした」の記述が見えます。

“update”したパッケージのリストにInkscapeのどのバージョンが含まれているか調べます。

apt-cache policy inkscape

「0.92.1-1~bpo8+1」と「0.48.5-3+b2」のふたつのバージョンがありました。

“update”で署名のエラーがあったので、オプション” –force-yes”を付けて強制的にインストールします。

sudo apt-get install inkscape=0.92.1-1~bpo8+1 --force-yes -y

プロンプトが返ってきたら、再起動します。

メニューアイコンから「グラフィックス」→「Inkscape」をクリックし、「ヘルプ」→「Inkscapeについて」を開くと、バージョンは”ver.0.92″となっていました。

[ad#g300]

[ad#g300]

最新情報をチェックしよう!
>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG