この記事をシェアしよう!

Raspberry PiのGPIOを制御する方法として、Scratch 2.0、Scratch 1.4の他に、WiringPIRPi.GPIOpigpioといったGPIO制御ライブラリを使う方法があります。これらのライブラリを用いてプログラムを編集するにはエディターを使いますが、Microsoftが開発した高機能エディターVisual Studio CodeがRaspbianでも使えるようになりました。

Visual Studio Codeのインストール

RaspbianにVisual Studio Codeをインストールする方法については、Raspberry Pi用のパッケージを提供しているこちらのサイトを参考にさせていただきました。

インストールする前に、提供元の指示通り、スーパーユーザーの権限に切り替えます。

インストールは次のコマンド1行を実行するだけです。行頭の”.(ピリオド)”から行末の”)”までをコピペしてください。

以前は、これでインストールできたのですが、今回はダメでした。「以下のパッケージは認証されていません! code-oss」結局、「install failed.」だそうです。

ダメ元で、このコマンド ↓ を打ち込んでみました。

「以下のパッケージは認証されていません! code-oss
検証なしにこれらのパッケージをインストールしますか?」と、しつこく聞かれますが、ここでめげずに”y”と返します。

プロンプトは返ってきましたが、「署名は検証できませんでした」とか「署名されていません」と書かれれていてインストールされたのかとても不安です。

試しにスタートメニューを開いてみたら、「プログラミング」項目の1番上に「Code – oss (headmelted)」がありました。”headmelted”って、”頭が溶けてる!?”とは意味不明ですが、取り敢えずクリックしてみました。

英語表記のVisual Studio Codeが起動したので、メニューバーから「Help」→「About」をクリックします。

なんと、いきなり最新バージョン”1.29.0″がインストールされているではありませんか!

Visual Studio Codeの起動と同時にブラウザも開いてVisual Studio Codeの公式スタートページが表示されました。

Visual Studio Codeをアプリケーション・ランチャーに追加する

タスクバーを右クリックして出るメニューから「パネルの設定」を選択します。

現れた「パネルの設定」画面のタブ「パネルアプレット」をクリックします。

「現在ロードされているプラグイン」から「アプリケーション・ランチャー」を選択し、「設定」ボタンをクリックします。

「アプリケーション・ランチャー」画面の右ペインで「プログラミング」の「+」をクリックして展開し、現れた「Code – OSS」を選択して「追加」ボタンをクリックします。

「アプリケーション・ランチャー」画面の左ペインに「Code – OSS」があることを確認して「閉じる」ボタンをクリックします。

「パネルの設定」画面に戻って、「閉じる」ボタンをクリックして完了です。

今回、Raspbianの配布バージョン”2018-10-09″以降、Visual Studio Codeのインストール手順が変わった為、改訂を行いましたが、【設定/デバッグ/実行編】も変更箇所を確認しながら順次、改訂を進めていくつもりです。

この記事をシェアしよう!