この記事をシェアしよう!

インストールしたVisual Studio Codeを日本語化したら、真っ先にワークスペースの設定を行います。その他の設定は、ここで設定したワークスペース毎に保存されます。

ワークスペースの作成

Visual Studio Codeは、プログラムを保存するフォルダーを”ワークスペース”として管理し、各フォルダ毎に設定ファイルを格納します。そこで、あらかじめファイルマネージャを起動して”/home/pi”の何もないところで右クリックし、出てくるメニューから「新規」→「フォルダ」を選択して作成しておきます。

「フォルダの新規作成」画面が現われるので、フォルダ名を入力し「OK」ボタンをクリックします。

Visual Studio Codeの画面左端にあるアクティビティーバー1番上のエクスプローラーアイコンをクリックします。

アクティビティーバーの右にあるサイドバーに現われた「フォルダーを開く」ボタンをクリックします。

ファイルマネージャが開くので、先程作成しておいたフォルダを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

拡張機能Python extension for Visual Studio Codeのインストール

画面左端にあるアクティビティーバーの上から4番目の拡張機能アイコンをクリックします。

サイドバーの検索窓に”python”と入力すると、その下に関連する拡張機能が表示されるので、1番上にリストアップされた”Python”の「Install」ボタンをクリックします。

インストールが終わると「インストール」ボタンが「再読み込み」ボタンに変わるので、画面右の「再読み込みしてアクティブにする」ボタンをクリックします。

インタープリターの選択

画面左端にあるアクティビティーバーの下の方にある歯車アイコンをクリックして出てくるメニューから「コマンド パレット…」を選択します。

出てきたコマンドパレットの入力欄に”select”と入力すると、その下に文字列”select”を含むリストが表示されるので、その中から”Python: インタープリターを選択”を選択します。

選択後にちょっと間をおいてから、最上段が”current: python”というリストが現われるので、このフォルダで使うプログラミング言語”python3.5.3 32-bit”を選択します。

この記事をシェアしよう!