この記事をシェアしよう!

※ 本記事は作成時の情報を元に作成されたものです。
最新の情報に基づく記事として「【STEP-06】Raspbianのローカライゼーションの設定」を新たに作成しましたので、こちらをご覧ください。

 

”NOOBS”の最新版 ver.2.0.0によりインストールされるOS
”PIXEL Powered by Raspbian”で最初に行う設定について、書きます。

タスクバー左端のメニューアイコン(スタートボタンとは言わない?)から
“設定”→”Raspberry Pi の設定”をクリックします。

sn2(1)

sn11

開いた”Raspberry Pi の設定”ウィンドウの”システム”タブの
”オーバースキャン”項目で、“有効”のラジオボタンが選択されているのですが、
”無効”のラジオボタンを選択します。これは、画面外周の黒い枠を表示させないようにする為の設定になります。

sn12

次は、”ローカライゼーション”タブをクリックして、”ロケールの設定”ボタンをクリックします。

sn13

言語が、”ja(japanese)”、国が、”JP(Japan)”、文字セットが、”UTF-8”になっていることを確認して、
”OK”ボタンをクリックします。
ここは、OSをインストールする際に、言語を”日本語”に設定していれば、この通り反映されているはずです。

sn14

次は、”タイムゾーンの設定”ボタンをクリックして、

sn15

地域が”Asia”、位置に”Tokyo”を選択し、”OK”ボタンをクリックします。

sn16

続けて、”キーボードの設定”ボタンをクリックします。

sn17

ここは、OSをインストールする際に、Keyboadを”JP”に設定していると、
Countryは”日本”、Variantが”日本語(PC-98xxシリーズ)”になっているので、
お使いのキーボードに合わせて設定してください。

sn18

最後に、”無線LANの国設定”ボタンをクリックして、

sn19

”JP Japan”を選択し、”OK”ボタンをクリックします。

sn20

設定が終わり”OK”ボタンをクリックすると、

sn21

再起動を求められるので、”はい”ボタンをクリックして、再起動すると
設定が、すべて反映されています。

 

次回は、新OS ”PIXEL Powered by Raspbian”への
日本語入力ソフトのインストールについて書きますので、こちらも、よろしくお願いします。

[ad#g300]

[ad#g300]

この記事をシェアしよう!