この記事をシェアしよう!

基本的な書き方

# ls [オプション]

ファイルの一覧やディレクトリを表示するLinuxコマンドで、非常によく使うコマンドです。ファイルを表示するためにも様々なオプションがあります。

#ls -a
Linuxでは.(ドット)で始まるファイルは隠しファイルになりますが、-aオプションを付けることで、隠しファイルを含めたすべてのファイルを表示します。

#ls -l
ファイルの属性やタイムスタンプ、オーナーなどの詳細を表示します。

#ls -g
-l オプションと同じような表示ですが、グループ名は表示しないものです。

#ls -S
ファイルサイズの大きい順にソートして表示

“ls -t
タイムスタンプの新しい順にソートして表示

この記事をシェアしよう!