この記事をシェアしよう!




前回は、半固定抵抗器を使用してLEDの表示を行いました。
今回は、LCDと半固定抵抗器を使用して簡単な文字の表示をしたいと思います。

今回必要な部品は以下の通りです。

今回必要な部品

  • Arduino×1
  • 抵抗器(150Ω)×1
  • ブレッドボード×1
  • 半固定抵抗器(10kΩ)
  • ジャンプワイヤ:適量
  • LCD×1個

回路図

今回準備したコードはこちら

[code]
#include

// ライブラリを初期化
// 引数は順にLCDのRS、E、DB4、DB5、DB6、DB7に接続したピンの番号
LiquidCrystal lcd(12, 11, 5, 4, 3, 2);

void setup() {
// LCDの桁数と行数の設定
lcd.begin(16, 2);

// 以下のメッセージをLCDに表示
lcd.print(“Hello, world!”);
}

void loop() {
// カーソルを0 桁目、1 行目にセット
lcd.setCursor(0, 1);

// 動作開始からの経過時間を秒単位で表示
lcd.print(millis() / 1000);
}

[/code]

上記の回路図の様に正常に接続がされていればArduinoへUSBを挿し電源をONにするとLCDが点灯します。
もし点灯や点滅しないのであれば配線が間違っているので、接続を確認してみて下さい。

上記のコードをArduino IDEに書き込み、スケッチをArduinoへアップロードします。
すると、1行目に「Hello World!」と表示され、2行目には、Arduinoが起動した時間からの時間がカウント表示されます。

文字が見えない場合は、半固定抵抗を回して調整を行うと表示されます。

LCDピン番号 説明 Arduino側のピン配置
1 VSS LCD側の-(マイナス)へ接続
2 VDD LCD側の+(プラス)へ接続
3 VO コントラスト調整(半固定抵抗に接続)
4 RS 12
5 R/W GND
6 E 11
7 DB0
8 DB1
9 DB2
10 DB3
11 DB4 5
12 DB5 4
13 DB6 3
14 DB7 2
15 A
16 K GND

今回使用したLCDのピン配置

動作例

LCDを搭載したユニバーサル基板の作成例

[ad#g300]

[ad#g300]

この記事をシェアしよう!