この記事をシェアしよう!

OS ( Raspbian ) の配布バージョン ( 配布イメージのリリース日 ) が”2018-10-09″以降で、以前の記事「改訂【STEP-06】Raspbian初回起動時の設定」の設定項目「Set Country」で”Japan”を選択した場合は、本記事の設定は不要です。

【STEP-06】Raspbianのローカライゼーションの設定で、言語を”ja(Japanese)”、キーボードを”Japanese(OADG 109A)”に設定し、メニューなどは日本語で表示されているのですが、Windowsと違いRaspbianでは、未だ日本語の入力ができる状態にはなっていません。

Raspbianで日本語を入力するには、日本語変換エンジンと入力メソッドをインストールする必要があります。

ここでは、Google日本語入力のオープンソース版”Mozc”入力メソッド“fcitx”を組合わせた“fcitx-mozc(ファイティクス – モズク)”をインストールします。

fcitx-mozc のインストール

タスクバーのメニューアイコンから「設定」→「Add/Remove Software」をクリックします。

起動した「Add/Remove Software」画面の左ペイン上の検索窓に”mozc”と入力して、「Enter」キーを押します。

「Add/Remove Software」画面の右ペインにリストアップされたソフトウェアの中から”Mozc Engine for fcitx – “を探してチェックボックスにチェックを入れます。

「Apply」ボタンをクリックします。

すると、「認証待ち」画面に続いて「認証」画面が現れるので、パスワード入力欄に【STEP-09】で設定したパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

「パッケージをダウンロード中」に続いて「パッケージをインストール中」が表示されます。

インストールが終了したら、次の画面のように4つのパッケージのチェックボックスにチェックが入っていることを確認して、「OK」ボタンをクリックします。

タスクバーのメニューアイコンから「Shutdown…」をクリックします。

「Shutdown options」画面が現れるので、「Reboot」ボタンをクリックして再起動します。

入力メソッド Fcitx の設定

タスクバーのメニューアイコンから「設定」→「Fcitx 設定」をクリックします。

開いた「入力メソッドの設定」画面の左下「+」ボタンをクリックします。

現れた「入力メソッドの追加」画面から【STEO-06】で選択したものと同じキーボードを選択して「OK」ボタンをクリックします。

「入力メソッドの設定」画面に戻ると、選択したキーボードが1番下に表示されるので、「↑」ボタンをクリックて1番上に移動しておきます。

「入力メソッドの設定」画面に選択したものと違うキーボードが表示されている場合は、そのキーボードを選択した状態で「―」ボタンをクリックします。

「入力メソッドの設定」画面の上に並んだタブから「全体の設定」をクリックし、項目「入力メソッドのオンオフ」が、「Zenkakuhankaku」になっていることを確認します。

「入力メソッドの設定」画面のタブ「外観」をクリックし、項目「状態パネル(Windowsの言語バーと同じもの)を隠すモード」の右の「▼」をクリックします。

「▼」をクリックして開いたプルダウンメニューから「表示」を選択します。

設定が終わったら、項目「状態パネルを隠すモード」が「表示」になっていることを確認した上で、画面右上の「×」ボタンをクリックして閉じます。

fcitx-mozcの状態パネルの操作方法

デスクトップに現れた「(fcitx-mozcの) 状態パネル」をマウスでタスクバーの上に移動します。

テキスト入力欄にマウスカーソルがあるとき、タスクバーの「状態パネル」をクリックするとキーボードの「半角/全角漢字」キーを押したときと同じように入力メソッドのon/offが切替わります。

「状態パネル」の”(大きい方の)あ”の部分をクリックすると、変換モード切替えのプルダウンメニューが現れます。

「状態パネル」の”スパナ”の部分をクリックすると、ツール一覧のプルダウンメニューが現れます。「設定ツール」をクリックすると、「Mozc プロパティ」画面が現われ、入力の設定をカスタマイズすることができます。

プルダウンメニューから「Mozc について」をクリックすると、「Mozc について」画面が出て、インストールされているMozcのバージョンが表示されます。

「状態パネル」の”スパナ”の部分をクリックすると、全ての設定がプルダウンメニューとして表示されます。「現在の入力メソッドの設定」をクリックすると、メニューアイコンから「設定」→「Fcitx 設定」で開いた「入力メソッドの設定」画面が現われす。

日本語入力の確認

メニューアイコンから「アクセサリ」→「Text Editor」をクリックします。

開いた「(無題)」画面にマウスカーソルを移動して、「半角/全角漢字」キーを押すと、タスクバーのキーボードアイコンが”Mozc”アイコンに変わると同時に、 カーソル右下に”入力候補”ウィンドウが開きます。

試しに、キーボードで”にほん”と入力すると、入力候補ウィンドウにリストが 縦に並んで表示されます。「Tab」キーか「Space」キーで選択し、「Enter」キーで決定します。

「Tab」キーを3回以上押すと、入力候補が9件ずつ、”にほん”の場合、187件表示されました。

これで日本語入力メソッドのインストールは終了ですが、Windowsと違いRaspbianには、日本語フォントに未だいくつかの不備があります。

次の【STEP-11】では、日本語フォントの追加インストールを行います。

この記事をシェアしよう!