この記事をシェアしよう!

今回は、【STEP-20】に引き続き、Raspbianのデスクトップにショートカットを追加する方法を紹介します。

ショートカット作成ツールのインストール

先ず、ショートカット作成ツールをインストールします。

タスクバー左端のメニューアイコンから「設定」→「Add  /  Remove  Software」をクリックします。

現れた「Add  /  Remove  Software」画面左ペイン上の入力欄に”lxshortcut”と入力して「Enter」キーを押すと、しばらくして右ペインに検索結果が表示されます。

この中の1番下のチェックボックスにチェックを入れます。

画面右下の「Apply」ボタンをクリックすると「認証」画面が現れるので、【STEP-09】で入力したパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。

インストールが終了したら、「Add  /  Remove  Software」画面右下の「OK」ボタンをクリックして閉じます。

デスクトップに「シャットダウン」のショートカット作成

タスクバーのアイコン「ファイルマネージャ」をクリックして起動した画面の左ペインで、「Desktop」をクリックします。

画面の右ペインに現在のデスクトップにあるショートカットが表示された状態で、メニューバーから「ツール」→「現在のフォルダでコマンドを実行する…」をクリックします。

「コマンドの実行」画面が現れるので、入力欄に”lxshortcut -o シャットダウン.desktop”と入力して「OK」ボタンをクリックします。

(ref:Usage: lxshortcut [OPTION?])

ショートカット作成ツールの「アプリケーションショートカット」画面が現れるので、項目「名前:」の入力欄に”シャットダウン”、項目「コマンド:」の入力欄に”shutdown -h now”と入力し、項目「端末エミュレータで実行」のチェックボックスにチェックを入れて、「アイコンの変更」ボタンをクリックします。

(ref:Linuxコマンド集【 shutdown 】日経XTECH)

「アイコンの選択…」画面が現われますが、この中には「シャットダウン」のアイコンとして適当な画像がないので、「画像ファイル」のラジオボタンをクリックします。

「アイコンの選択…」画面の左ペインで、フォルダ「Pi」をクリックします。

「アイコンの選択…」画面の右ペインで、フォルダ「Downloads」をダブルクリックします。

タスクバーのアイコン「Chromium」をクリックして検索ページを開き、”アイコン シャットダウン”で検索します。

検索対象の「画像」をクリックします。

好みの画像の上で右クリックして出るプルダウンメニューから、「名前を付けて画像を保存」をクリックします。

「ファイルを保存」画面が現れるので、フォルダ「Downloads」が開いていることを確認し、画面上の「名前:」右の入力欄に”シャットダウン”と入力して、「Save」ボタンをクリックします。

「アイコンの選択」画面に戻ると、フォルダ「Downloads」に”シャットダウン.jpg”が保存されているので、それを選択して「OK」ボタンをクリックします。

「アプリケーションショートカット」画面に戻るので、アイコンが変更されているのを確認して「OK」ボタンをクリックします。

「ファイルマネージャ」画面に戻ると、フォルダ「Desktop」に「シャットダウン」のショートカットができているので、画面右上の「×」をクリックして閉じます。

デスクトップに「シャットダウン」のショートカットができているので、アイコンをダブルクリックするとRaspbianがシャットダウンします。

同じようにデスクトップに「再起動」などのショートカットを作成することもできます。

今回の【STEP-21】で、Raspbianの”見た目”のカスタマイズはひと区切りを付けて、次回の【STEP-22】では、USBメモリーの操作方法を紹介します。

この記事をシェアしよう!