この記事をシェアしよう!

ラズパイとLEDを繋いでPythonでコントロールする(その1)からの続きです。

回路はその1と同様ですが、今度はPythonコンソールに直接打ち込むのではなく、コードをファイルに保存して、そのファイルを呼び出して実行することで動作させます。

簡単なコードであれば、Pythonコンソールから直接入力して動作させても良いですが、今後コードが複雑になると毎回長いコードを入力するのは大変です。長いコードは保存しておいて、必要な時に呼び出して実行できれば便利です。

Pythonコンソールの左上にある「File」をクリックして「New File」をクリックすると、もう1つ新しくウインドウが引きます。

LED Raspberry Python Fabshop

新規のウインドウの上部には「Untitled」と表示され、まだ名前が付いていない状態です。この白紙のウインドウにコードを入力します。

[python]

import gpiozero

import time

led = gpiozero.LED(4)

led.on()

time.sleep(3)

led.off()

[/python]

入力後、「Run」メニューをクリックして「Run Module」をクリックするとファイルに書いたコードを実行します。

LED Raspberry Python Fabshop

実行すると、保存するように求められます。ここでは「OK」を押して保存後に実行します。

LED Raspberry Python Fabshop

どこに保存するか、ファイルの名前を何にするかなどを決めます。今回は/home/pi というフォルダの中に「led1.py」という名前で保存します。この/home/piというのはホームディレクトリと呼ばれる場所になっています。

入力したら「Save」ボタンをおして保存します。保存したら、pythonコマンドで保存したファイルを指定して実行します。ターミナルを起動して、以下のコマンドを入力し、Enterを押せば実行されます。

Fabshop LED Raspberry Pi

実行の様子は以下の動画のように、点灯します。

これはpythonで書いたプログラムを実行している状態になりますが、このプログラムでは終了させるための処理を作っていませんので、ラズベリーパイのシステムを終了するまでずっと動き続けてしまいます。実行しているファイルを強制的に終了するためには、キーボードの「Ctrl」キーを押したまま「C」ボタンを押して強制終了することができます。

同様に、blinkというファイルを作成し、保存して実行してみます。blinkはその名の通り「点滅」するプログラムです。1秒ごとにON,OFFを繰り返すものです。pythonコンソールの「File」から「New File」をクリックし、以下のソースコードを打ち込みます。

[python]

from gpiozero import LED

from time import sleep

LED_PIN =4

WAIT_TIME = 1

led=LED(LED_PIN)

while True:

led.on()

sleep(WAIT_TIME)

led.off()

sleep(WAIT_TIME)

[/python]

Fabshop LED Raspberry Pi

最初と同様に/home/piの中にblink.pyという名称で保存します。保存後、ターミナルから以下のようにコマンドを実行します。

Fabshop LED Raspberry PiFabshop LED Raspberry Pi

この記事をシェアしよう!