この記事をシェアしよう!




以前の記事「LCDとCdSセンサーを使用してLCDに明るさの数値を表示してみよう」では、CdsセンサーからのデータをLCDに表示させましたが、今回は、データをパソコン側に送信し、Arduino IDEのシリアルモニタに表示させてみます。

今回必要な部品

  • Arduino×1
  • USBケーブル( Aコネクタ – Bコネクタ )
  • Csdセンサ×1
  • 抵抗器(10kΩ×1
  • ジャンプワイヤー×3

回路図

今回必要なコード

void setup(){
Serial.begin(9600);  //シリアル通信のデータ転送レートを9600ビット/秒に設定する
}

void loop(){
int light = analogRead(0);  //変数“light”をA0端子の入力値とする
Serial.print(light);  //シリアル通信で“light”をパソコンに送信する
Serial.println("");   //改行する
delay (500);
}

 

Arduino IDEは、大文字/小文字の違いでもエラーになります。このスケッチでは、6行目に大文字が使われているので注意しましょう。メニューバーの“検証”ボタンをクリックしてエラーが出なければ、“書き込みボタン”をクリックしてスケッチを実行させてください。 下の動作例では、シリアルモニタに表示されるデータ(0~1023)が、明るいときは大きくて、Cdsにマジックのキャップを被せると小さくなる様子が確認できます。

動作例

今回使用した部品の購入はこちら

[products columns=”4″ orderby=”title” order=”” ids=”11189, 11951, 11206″]

[ad#g300]

[ad#g300]

この記事をシェアしよう!