この記事をシェアしよう!

「トン・ツー」と、短点(・)と長点(―)の組み合わせでアルファベットや数字を現すのがモールス信号です。映画「崖の上のポニョ」では、主人公の父親が船の上から家に向かって光でメッセージのやり取りをするシーンがあります。光などで表す場合は、点灯している長さなどで文字を相手に伝えることができます。

通常無線通信などでは、「音」としてモールス信号を送ります。音で表す場合は、短音と長音の組み合わせで作ります。

モールス信号 モールスボード Fabshop ファブショップ

今回は木製のアクセサリとして、モールスボードを作成します。キーチェーンをつけて、バックなどに取り付けておくことで、照明としてだけでなく、モールス信号の学習や、コミュニケーションツールとしても使えます。

木の材質はMDFという、木材を繊維状にし、接着剤を配合して圧縮して成形した中密度繊維板を使います。レーザーカッターなどで加工が非常にしやすいというメリットがあります。

このモールスボードは、背面にモールス符号が表記されているため、初心者でもモールス一覧表を見ながらモールス信号を覚えられるという利点もあります。

 

▼使うキット

モールスボードキット

  • 電池ボックス
  • リチウムイオンボタン電池(CR2032 3V)
  • 抵抗 22Ω 、33Ω
  • 赤色LED
  • タクトスイッチ

▼必要な道具

  • ハンダセット(コテ・ハンダ、スタンド)
  • ペンチ
  • ニッパー

回路自体は非常に簡単な回路です。ブレットボード上で展開した図と回路図が下の図になります。

モールス信号 モールスボード Fabshop ファブショップモールス信号 モールスボード Fabshop ファブショップ

抵抗をあえて2本使っているのは、アクセサリのデザインとして抵抗を使ったためです。あえて違う抵抗値を使ったのは、色で抵抗値が違うという事を学んで欲しいという側面もあります。

モールス信号 モールスボード Fabshop ファブショップ 

具体的な組み立て方は、以下の動画をご覧ください。

この記事に関連する商品

この記事をシェアしよう!