【初級編】ArduinoでLEDを点滅させてみよう




LEDの点滅は、Arduinoボードとarduino IDEとが正常に動作するかのテストプログラムです。
最初の練習としても適していると思いますので、最初にチャレンジしてみましょう。

まず、LEDをArduinoボードに接続します。
短いリード線をAREFへ長いリード線を13に接続します。
下記写真を参考にしてください。

接続ができましたら、Arduino IDEを立ち上げます。
立ち上がったらファイルメニュー→新規ファイルを選択し、新しいSketchを開きます。
下記のような画面が出てきたと思います。

ここにテキストを打ち込みます。

// Example 01 : Blinking LED

const int LED = 13;  // LED connected to
// digital pin 13

void setup()
{

pinMode(LED, OUTPUT); //sets thebdigital
//pin as output
}

void loop()
{
digitalWrite(LED, HIGH); // turns the LED on
delay(1000);             // waits for a second
digitalWrite(LED, LOW);  // turns the LED off
delay(1000);             // waits for a second
}

下記が入力が終わった画面になります。

入力が終わりましたら、誤りがないか確認していきます。
✔ボタン(検証)をクリックしてください。

誤りがなければ、保存先の指定が表示され、保存が完了されれば、コンバイルが完了しました。と
下段に表示されます。

これでアップロードの準備ができたので、ボードに書き込みを行います。
✔ボタンの横にある→ボタン(マイコンボードに書き込む)をクリックします。

ArduinoボードがUSB経由で送られてくる命令を待ち受ける状態になり、メモリに記憶されると点滅を始めます。

動作確認

今回使用した部品

[products columns=”4″ orderby=”title” order=”” ids=”11189″]
最新情報をチェックしよう!
>FabShop

FabShop

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。 Fabshopでは、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

CTR IMG