Processing - fabshop -

Processing -プロセッシング-

Processing(プロセッシング)とは、プログラミング言語の1つですが、よくあるコンピュータのプログラミングと違って、もっと簡単で取り組みやすく作られたものです。小学生からはじめている人もいるくらいで、世界中の人に愛されているプログラミング言語の1つです。

コンピュータで絵を動かしたり、アートやデザインをパソコン上で表現したい人にはもってこいのプログラミングです。またマイコンボードArduinoをコントロールするのにも使えます。

Processing - fabshop -

Processingは、様々な用途につかえるプログラミング言語です。スケッチと呼ばれるキャンバスに”ある決まり”で命令を書いていくと、コンピュータがそれらを返してくれます。

例えば美しいカラーパターンや図形を描いてほしいと思えば、その命令を書けば以下のような図を返してくれます。

スクリーンショット 2014-02-04 22.28.07 スクリーンショット 2014-02-05 18.46.18

fabshop fabshop

 

Processingは以下のサイトからダウンロード可能です。

Processing公式サイト:http://processing.org/

 

Processingの学習には以下の書籍がおすすめです。

[amazonjs asin=”4873115159″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Processingをはじめよう (Make: PROJECTS)”] [amazonjs asin=”4861008565″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ジェネラティブ・アート -Processingによる実践ガイド”] [amazonjs asin=”4627849311″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”デザイン言語 Processing入門 – 楽しく学ぶコンピュテーショナルデザイン”]
Processing - fabshop -
最新情報をチェックしよう!
>FabShop

FabShop

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。 Fabshopでは、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

CTR IMG