Raspberry PiでUSBメモリを挿入したら自動的にマウントするには?

※ 本記事は作成時の情報を元に作成されたものです。
最新の情報に基づく記事として「【STEP-22】RaspbianとWindowsでUSBメモリーを共有し、相互にデータ交換」を新たに作成しましたので、こちらをご覧ください。

 

ラズベリーパイでUSBメモリを使う際にはコマンドラインから接続したUSBメモリをマウントする必要があります。これを自動的にマウントするためのプログラムも用意されているので、それを使えば毎回マウントするためのコマンドを入力しなくても利用できるようになります。

まずは、usbmountというパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install usbmount

インストールが完了したら、USBメモリを接続すると、以下のように「リムーバブルメディアの挿入」という画面が表示され、動作の選択画面になりますので、「OK」を押して進みます。

すると、以下のようにUSB Diskの中身が開きます。

これで、USB DISKが利用できます。

最新情報をチェックしよう!
>FabShop

FabShop

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。 Fabshopでは、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

CTR IMG