Raspberry Pi 3B+(本体のみ)も狭山市のふるさと納税に登場!

狭山市のふるさと納税に単品でのRaspberry Pi 3B+(スリービープラス)が登場しました。

※こちらの商品は本体のみで何も付属していませんのでご注意ください!

HDMIケーブルやMicroSD、電子工作キット、キーボード、マウスなどが付属したキットについてはこちらをご覧ください。

 

埼玉県狭山市にふるさと納税することで、実質2,000円にてRaspberry Pi 3B+を手に入れることができます。

※数量限定のため、お早めにお申し込みください。

最新のRaspberry Pi 3B+で本格的なコンピューティングを学んでみませんか?

狭山市のふるさと納税にはそのほかにもmicro:bitRaspberryPi 3B+のキットなど寄付金額によって様々なバリエーションを用意してあります。

ふるさと納税のお申込みは以下のリンクから狭山市の公式サイトをご覧ください。

※このふるさと納税については、本体のみとなっています。ラズベリーパイを動作させるためには、本体の他に、電源、SDカード、マウス、キーボード、HDMIケーブルなどの付属品が必要になりますので、ご注意ください。これらすべてがキットになっている「ラズベリーパイ・スターターキット」もございますのでご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
>FabShop

FabShop

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。 Fabshopでは、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

CTR IMG