この記事をシェアしよう!

Raspberry Piの推奨システムRaspbianには、標準でインターネットを閲覧するためのブラウザが搭載されていますが、使いづらかったり、通常のパソコンで見れたサイトが正しく表示されなかったり、サービスが利用できない場合があります。

その場合には、WindowsやMacでもおなじみのブラウザ「Firefox:ファイアーフォックス」をインストールして使いましょう。

最近では、Firefoxという名前になっていますが、以前はRasbianで動作するものはFirefox互換のiceweaselと呼ばれていたため、パッケージのインストールにもこの名称を使います。

#sudo apt-get install iceweasel

とコマンドから入力して、パッケージをインストールしましょう。

ラズベリーパイ Firefox Fabshopa

インストールすると、「Menu」―「インターネット」の中に「Firefox ESR」というアイコンが出来上がります。

ラズベリーパイ Firefox Fabshopa

起動すればFirefoxが起動してきます。このブラウザを利用すれば、パソコンなどで利用していた様々なインターネットのウェブサイトにアクセスでき、サービスも利用できます。

ラズベリーパイ Firefox Fabshopa

Gmailなど、サービスによっては、モバイル版のウェブサイトを表示してしまう場合がありますが、これは「PC版」へのリンクが表示されていて、そちらを表示させればすべてのサービスが利用できます。

この記事をシェアしよう!