ラズパイで写真加工・画像作成!画像処理ソフトGIMP。



写真の加工や画像作成に最適な定番ソフトGIMP

GIMP(ギンプ)はLinuxの定番ソフトで、WindowsやMacでもおなじみフリーの画像処理ソフトです。Linuxで動きますから、もちろんRaspberry Piでも動作します。apt-get コマンドでインストールできます。以下の手順でインストールしていきましょう。

GIMP Fabshop

apt-getコマンドを入れると、以下のようにディスク容量を消費する旨が表示されますので「Y」キーを押してEnterを押します。

GIMP Fabshop

インストールが完了すると、Menuの中のグラフィクスという中に表示されます。

GIMP Fabshop

起動すると以下のような画面が表示されます。

GIMP Fabshop

Gimpは、かなり高機能な画像加工アプリです。もちろん書籍なども沢山発売されています。

下の図では、文字ツールを使って写真に文字を入れてみたところです。

GIMP Fabshop

「ヘルプ」メニューの中にはGIMPの操作マニュアルなどが書かれています。チュートリアルなども用意されています。ここでは、「ヘルプ」メニューから「このアプリケーションについて」を開いてみました。すると以下の画像のようにGIMPのバージョンが表示されます。

GIMP Fabshop

GIMPは有名なソフトウェアですので、マニュアル本なども沢山発売されています。

最新情報をチェックしよう!
>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG