この記事をシェアしよう!

Screenletsをインストールすると、時計などの便利なツールをデスクトップに配置できます。

タスクバー左のアプリケーションランチャーから「LXTerminal」を起動し以下のコマンドを入力します。

sudo apt-get install screenlets -y

115

プロンプトが返ってきたら、続けて次のコマンドを入力します。

sudo apt-get install python-desktop-agnostic -y

116

インストールが終了したら以下のコマンドを入力して再起動します。

sudo reboot

再起動後、タスクバー右にScreenletsのアイコンが現われます。 その上で右クリックしてプルダウンメニューから“Screenlets マネージャ”をクリックして「Screenletsマネージャ」をクリックします。

110

「Screenlets マネージャ」ウインドウが開いたらCUPの使用率を表示できる「Sensors」をデスクトップに配置してみます。

「Sensors」を右のリストから選択し、左側のメニューから「起動/追加」をクリックすると、「Screenlets マネージャ」ウインドウの右側に「Sensors」のウィジェットが現れます。

103

ウィジェットは、デスクトップの好きな位置にドラッグして配置できます。その上で右クリックしてプルダウンメニューから「サイズ」にカーソルを合わせるとサイズを選べます。

104

 

121-1

ほかにも「CLOCK」などデスクトップに置いておくと便利なツールがあります。

[ad#g300]

[ad#g300]

この記事をシェアしよう!