この記事をシェアしよう!

極端に大きな数字や極端に小さい数字を扱う時には、ゼロの数が多くなって非常に読みにくくなります。

例えば以下のような場合「いち、じゅう、ひゃく、せん、、、、」なんていうふうに毎回数えていたら大変です。しかし補助単位を使えば、その量がすぐにわかり、計算も楽になります。

10,000,000

これを補助単位を使った形にすると、

10,000,000 = 10,000 K(キロ) = 10 M(メガ)

と表示できて、短縮できるし、見やすくなりますね。ちなみにべき乗という形で表す場合、短縮したい数の「ゼロ」の数を10の右上に乗せて表記します。

10,000,000 = 10,000 × 10= 10 × 106

という形になります。計算式で使う場合は、直接KやMなどの単位を書くと計算しづらくなりますので、このような形をとります。

このような乗数を補助単位などを使って表す方法は国際的にも統一された企画になっていて、これらをSI国際単位系と呼びます。

以下の表がそのSI国際単位系と日本語での呼び方です。デジタルを使ったものづくりなどでもよく出てくることなのでまずは覚えておきましょう!

SI接頭辞
接頭辞 記号 10n 十進数表記 漢字 英語
ヨタ (yotta) Y 1024 1 000 000 000 000 000 000 000 000 ? septillion
ゼタ (zetta) Z 1021 1 000 000 000 000 000 000 000 十垓 sextillion
エクサ (exa) E 1018 1 000 000 000 000 000 000 百京 quintillion
ペタ (peta) P 1015 1 000 000 000 000 000 千兆 quadrillion
テラ (tera) T 1012 1 000 000 000 000 一兆 trillion
ギガ (giga) G 109 1 000 000 000 十億 billion
メガ (mega) M 106 1 000 000 百万 million
キロ (kilo) k 103 1 000 thousand
ヘクト (hecto) h 102 100 hundred
デカ (deca) da 101 10 ten
100 1 one
デシ (deci) d 10−1 0.1 一分 tenth
センチ (centi) c 10−2 0.01 一厘 hundredth
ミリ (milli) m 10−3 0.001 一毛 thousandth
マイクロ (micro) µ 10−6 0.000 001 一微 millionth
ナノ (nano) n 10−9 0.000 000 001 一塵 billionth
ピコ (pico) p 10−12 0.000 000 000 001 一漠 trillionth
フェムト (femto) f 10−15 0.000 000 000 000 001 一須臾 quadrillionth
アト (atto) a 10−18 0.000 000 000 000 000 001 一刹那 quintillionth
ゼプト (zepto) z 10−21 0.000 000 000 000 000 000 001 一清浄 sextillionth
ヨクト (yocto) y 10−24 0.000 000 000 000 000 000 000 001 一涅槃寂静 septillionth
この記事をシェアしよう!