この記事をシェアしよう!

コンピュータの世界では、キーボードを良く使います。プログラミングをしたり、文書を作成したり、メールを作ったり、いろいろなシーンで”文字入力”を行います。つまり、キーボードのタイピングは欠かせないもので、この操作が早ければ早いほど、作業が速く進みます。 両手を使って、キーボードを見ないで討つことを「ブラインドタッチ」といいますが、これができるようになれば、さらにコンピュータの習得が速くなります。 今回はラズベリーパイで動作するタイピングソフトTux Typing(タックスタイピング)というソフトをインストールします。残念ながら日本語対応していませんが、キーの位置を覚えるのには英語のままでも大丈夫です。 まずはapt-getコマンドでインストールします。apt-getは管理者権限でインストールしますので、sudoを付けることを忘れないようにしましょう。「tuxtype」というのがパッケージ名になります。

 

Tux Typing Fabshop

インストール時には必ずディスク容量の確認が表示されますので「Y」キーを押して「ENTER」で進みます。

Tux Typing Fabshop

インストールできると「Menu」の教育・教養の中に「Tux Typing」というアプリケーションがインストールできました。

Tux Typing Fabshop

起動すると、以下のようなメニューが出てきます。

Tux Typing Fabshop

Fish Cascadeは、落ちてくる魚に書かれた文字をタイプしていきます。落ちてくる単語はジャンルによって選択できます。例えば「Flower(花)」だったらそのジャンルにまつわる英単語が落ちてきます。 CometZapは、宇宙船からレーザービームを発射して、単語を打ち落としていきます。 Lessonsでは、ブラインドタッチができるようにキーの位置を反復して、指使いと共に覚えていきます。 下の画面は、Lessonモードです。スペースキーの位置と「S」キーを押す練習ですが、きちんと使う指も表示してくれます。

Tux Typing Fabshop

下の図はfish cascadeの画面です。落ちてくる魚に書かれたキーをタイプしていきます。

Tux Typing Fabshop

Lessonモードは、とても退屈なモードですが、ブラインドタッチを習得するにはこれが一番です。何度も練習して、正しい指使いを覚えれば、すごいスピードでキータッチができるようになりますから、頑張って練習してみましょうね!

この記事をシェアしよう!