この記事をシェアしよう!

ラズベリーパイのGPIOポートからブレットボード上に抵抗とLEDを接続した回路を作り、LEDを点灯させます。今回はpythonのコンソールから直接コントロールする方法です。

ラズベリーパイでは、python(パイソン)でプログラムを書き、実行するとLEDが点灯します。

まずは以下の部品を揃えましょう。


<必要なツール>

  •  ブレットボードキット
    • ブレットボード
    • ジャンパー線(オスーメス)
    • ジャンパー線(オスーオス)

<必要な部品>

  • LED
  • 抵抗 330Ω(他の抵抗でも可

ブレットボード上に以下のように配線します。

Raspberry Pi LED Fabshop

次に、Python 3を起動します。画面右上のラズベリーパイのメニューから「プログラミング」ー「Python3(IDLE)」をクリックして、起動しましょう。

Pythonコンソールが開いたら、実際にスクリプトを入力してGPIOからLEDをコントロールしてみます。以下の写真のようにPythonのコードを入力します。

LED Raspberry Python Fabshop

led.on()まで入力してEnterキーを押すと、以下のようにLEDが点灯します。

続けて、LEDをOFF(消す)にするために、コンソールに以下のように入力します。

led.off()を入力し、Enterキーを押せば以下のようにLEDの点灯が消えるはずです。

今後、LEDのコントロールをする際に、ファイルから実行したりする場合に、LEDが消えなくなってしまった場合などはPythonコンソールを開いて、強制的にLEDを消すことができます。

この記事をシェアしよう!