LEGOのパーツを使って音を音を鳴らす。LEGO Crazy Action Contraptions 02 -Annoy-o-Matic



ギアを利用して音を立てる!

LEGOはブロックを組み立てて形を作るだけでなく、アイデア次第でどんなものでも作れる優れたブロックです。ものづくりの原点とも言え、子どものころからだれもが一度は使ったことがあるものです。

今回は、教育用書籍として発売されているLEGO Crazy Action Contraptions のプロジェクト2個目のAnnoy-o-Maticを作ってみます。これは、棒も持ってくるくる回すことで「カリカリカリ」とギアがすれる音を出すものです。

こちらも書籍に付録のLEGOブロックだけで作成できます。部品は以下の6個のレゴの部品と輪ゴムで作ります。

LEGO Crazy Action Contraptions (レゴ・クレイジー・アクション・コントラプションズ)は世界的に有名な教育書籍ブランドKLUTZの書籍で、必要なレゴパーツが全て同梱されています。

この書籍ではLEGOブロックを使って装置を作ったり動くものを作ったりと「動作するもの」の原理や新しいアイデアを学べます。Fabshopとしてもおすすめの書籍です。

関連した動画へは以下のリンクをご利用ください。

プロジェクト1:LEGOでかき混ぜ器を作る

最新情報をチェックしよう!
>FabShop

FabShop

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。 Fabshopでは、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

CTR IMG