Crazy Action Contraptions

LEGOでバネのような構造を作る!LEGO Crazy Action Contraptions 03 -Squeeze Claw Grabber



プロジェクト#3 SQUEEZE CLAW GRABBER

LEGOが付録してくる書籍「Crazy Action Contraptions(クレイジーアクションコントラプション)のプロジェクト3つめは「SQUEEZE CLAW GRABBER(スクイーズ・クロウ・グラバー)」です。このシリーズでは、LEGOを使って動くものを作れます。

今回はLEGOブロックを組み合わせてバネのように伸び縮みするアームを組み立てて、遠くにあるものを掴むものを作ります。

CLAWは「爪」という意味で、GRABBERは「掴むもの」みたいな意味があります。名称の付け方もユニークですね。

書籍はすべて英語ですが、図解でわかりやすく組み立て手順が書かれているため、英語が苦手な方でも取り組める仕組みになっています。ここでは組み立て動画を紹介します。

ロボットアームのように伸び縮みする仕組みが完成しました。

今回はレゴブロックだけで組み立てることができました。これらをうまく動力と組み合わせることで、面白い機構が作れそうです。

クレイジー・アクション・コントラプション書籍は日本のアマゾンでも購入可能です。

この書籍は米国の知育書籍ブランドKLUTZからリリースされているもので、このシリーズ以外にもLEGOを使った面白いアイデアの書籍やクラフト、ものづくりの付録つき書籍を多数発売しています。

Lego Crazy Action Contraptions

Lego Crazy Action Contraptions
Crazy Action Contraptions
最新情報をチェックしよう!
>FabShop®

FabShop®

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop®(ファブショップ)と名付けました。
Fabshop®では、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

Fabshop®は登録商標です。

CTR IMG